「小刀会」の歴史と役割

スポンサーリンク

「小刀会」の歴史と役割

小刀会とは。

小刀会とは、中国の清の時代に存在した秘密結社「天地会」の中から派生した組織のひとつです。1853年に蜂起を起こして上海を占拠し、清朝軍との戦いを経て、1年以上の間占拠し続けました。小刀会は最終的に英仏の支援を受けた清朝軍により鎮圧されました。

「小刀会」の起源と組織

「小刀会」の起源と組織

「小刀会」の起源と組織

「小刀会」は、1893年にハワイのオアフ島で結成された秘密結社です。会員は主にハワイに移民した日本人の男性で、彼らには日本本土の政治や社会情勢を改善したいという共通の目標がありました。

「小刀会」の起源は、1880年代にハワイで勃発した「プランテーションストライキ」にさかのぼります。このストライキは、ハワイの製糖プランテーションで働く労働者たちの賃金と労働条件の改善を求めて起こったもので、「小刀会」のメンバーはストライキを支援するための資金や物資を提供しました。

「小刀会」は、当初は秘密結社として運営されており、その存在は一般に知られていませんでした。しかし、1895年に「小刀会」のメンバーがハワイ政府の転覆を計画したとして逮捕されたことで、その存在が明るみに出ました。この事件は、「小刀会」の活動がハワイの治安を脅かすものとして警戒されるきっかけとなり、政府は「小刀会」の解散を命じました。

しかし、「小刀会」のメンバーは解散命令に従わず、地下に潜って活動を続けました。彼らは、ハワイ政府やアメリカ政府に対して抗議活動を行い、日本本土の政治や社会情勢を改善するための資金や物資を集め続けました。

「小刀会」は、1900年代初頭に活動を停止しましたが、その活動はハワイの歴史に大きな影響を与えました。「小刀会」のメンバーは、ハワイの労働運動や独立運動の発展に貢献し、また、日系アメリカ人のアイデンティティの形成に大きな役割を果たしました。

「小刀会」の蜂起と上海占拠

「小刀会」の蜂起と上海占拠

-「小刀会」の蜂起と上海占拠-

「小刀会」は、1853年、上海を拠点とする秘密結社として結成された。そのメンバーは主に、上海周辺の貧しい農民と労働者階級の人々でした。「小刀会」は、清朝政府の腐敗と外国列強の侵略に反対する運動を展開した。

1853年、太平天国の乱が勃発すると、「小刀会」は太平天国軍に加わり、上海を攻撃した。清朝軍は、「小刀会」の攻撃を撃退したが、「小刀会」はその後も上海周辺でゲリラ活動を行った。

1855年、「小刀会」は上海を占拠した。清朝政府は、「小刀会」を鎮圧するために、イギリスとフランスの援助を受けた。イギリスとフランスの軍隊は、上海に駐留する清朝軍とともに、「小刀会」を攻撃した。「小刀会」は、イギリスとフランスの軍隊を相手に激戦を繰り広げたが、1856年に鎮圧された。

「小刀会」の蜂起と上海占拠は、清朝政府の弱体化と外国列強の侵略が進む中、中国の人々が清朝政府と外国列強に抵抗した運動の一つでした。

「小刀会」の鎮圧とその後

「小刀会」の鎮圧とその後

「小刀会」の鎮圧とその後

「小刀会」の反乱は清朝政府により鎮圧された。反乱の首謀者である小刀会頭目は逮捕され、処刑された。また、反乱に参加した者たちも逮捕され、投獄された。

「小刀会」の反乱後、清朝政府は上海に外国人の居住地を設けることを認めた。これは、外国人が上海に住みやすくするためのものであった。また、清朝政府は上海に外国人の裁判所を設けることも認めた。これは、外国人が上海で裁判を受けることができるようにするためのものであった。

「小刀会」の反乱後、上海は外国人によって支配されることになった。外国人は上海に租界地を設け、そこで生活していた。また、外国人は上海の経済を支配し、多くの利益を得ていた。

「小刀会」の反乱は清朝政府の弱体化をもたらした。清朝政府は「小刀会」の反乱を鎮圧することができず、外国人に上海を支配されてしまった。これは、清朝政府の威信を傷つけ、清朝政府の権威を低下させた。

タイトルとURLをコピーしました