「三島甘藷」の歴史や特徴、食べ方について

スポンサーリンク

「三島甘藷」の歴史や特徴、食べ方について

三島甘藷とは。

三島甘藷とは、静岡県三島市にある箱根連山の西南地域で生産されるサツマイモの銘柄のことです。これは「箱根西麓三島野菜」のひとつであり、三島商工会議所が認定する「三島ブランド」に指定されています。

「三島甘藷」とは?

「三島甘藷」とは?

「三島甘藷」とは、静岡県三島市周辺で栽培されているサツマイモの品種です。江戸時代中期に、薩摩藩から持ち込まれたサツマイモが、三島市周辺の温暖な気候と肥沃な土壌に適応して、「三島甘藷」として定着しました。「三島甘藷」は、他のサツマイモに比べて甘みが強く、ねっとりとした食感が特徴です。また、「三島甘藷」には、ビタミンCやカリウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

「三島甘藷」は、三島市周辺の農家が丹精込めて栽培しており、毎年10月から12月にかけて収穫されます。「三島甘藷」は、三島市内の直売所やスーパーマーケットなどで販売されており、地元の人々や観光客に親しまれています。「三島甘藷」は、焼き芋や天ぷら、煮物など、さまざまな料理に使用できます。また、「三島甘藷」を使用したスイーツやパンなども販売されており、人気を集めています。

「三島甘藷」の歴史

「三島甘藷」の歴史

「三島甘藷」の歴史

「三島甘藷」の歴史は古く、江戸時代後期にさかのぼります。当時、三島村(現在の静岡県三島市)の庄屋であった田中半左衛門が、薩摩藩から持ち帰ったさつまいもを栽培したのが始まりとされています。田中半左衛門は、さつまいもの栽培に適した三島村の気候や土壌に着目し、栽培方法を工夫した結果、甘くおいしいさつまいもを収穫することができました。このさつまいもは「三島甘藷」と呼ばれ、評判を呼びました。

「三島甘藷」は、やがて江戸や京阪地方に出荷されるようになり、全国各地にその名を知られるようになりました。明治時代に入ると、三島甘藷の栽培面積が拡大し、三島村はさつまいもの一大産地となりました。大正時代には、三島甘藷の輸出も始まり、欧米諸国にもその名が知られるようになりました。

昭和時代に入ると、三島甘藷の栽培はさらに盛んになり、1960年代には、三島村のさつまいも生産量は全国一となりました。しかし、その後は、さつまいもの輸入自由化や食生活の変化などにより、三島甘藷の生産量は減少しました。近年では、三島甘藷の生産量は回復傾向にありますが、それでもかつてのような生産量には達していません。

「三島甘藷」は、三島市の特産品であり、その歴史は古く、江戸時代後期にさかのぼります。三島甘藷は、甘くおいしいさつまいもとして全国に知られており、現在でも三島市の特産品として生産されています。

「三島甘藷」の特徴

「三島甘藷」の特徴

「三島甘藷」の特徴は、その甘さと粘りの強さにあります。甘みは、でんぷん質が多く含まれているためで、粘り気は、ペクチンという成分によるものです。また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、栄養価の高い野菜として知られています。

「三島甘藷」は、生で食べても美味しいですが、煮物や焼き物、天ぷらなど、さまざまな料理に使うことができます。また、さつまいもの甘さを活かしたスイーツも人気です。

「三島甘藷」は、近年では、その健康効果にも注目が集まっています。でんぷん質が多いことから、腹持ちがよく、ダイエットにも適していると言われています。また、ビタミンCやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、美容や健康維持にも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました