ダンカン -イギリス海軍の前弩級戦艦

スポンサーリンク

ダンカン -イギリス海軍の前弩級戦艦

ダンカンとは。

ダンカンとは、イギリス海軍が保有していた戦艦のことです。ダンカン級の最初の戦艦として1901年に進水し、1903年に就役しました。ダンカン級は前弩級戦艦に分類され、名称は18世紀のイギリス海軍提督アダム・ダンカンに由来しています。ダンカンは1919年まで現役でしたが、その後退役しました。

ダンカンの概要

ダンカンの概要

ダンカン – 歴史

ダンカンは、1891年に就役したイギリス海軍の前弩級戦艦です。同型艦は存在しません。

ダンカンは、エドワード・ジェイムズ・リード卿が設計し、チャタム造船所で建造されました。全長118.1メートル、幅21.3メートル、吃水8.2メートル、排水量11,800トンでした。武装は、12インチ砲4門、6インチ砲6門、4.7インチ砲12門、機銃4門でした。機関は、2基の3気筒複式機関で、出力は7,500馬力でした。速力は16ノットでした。

ダンカンは、就役後すぐにイギリス本国艦隊に配備されました。1892年にチリ内戦に介入し、1893年に南アフリカでボア戦争を戦いました。1895年に予備役に編入され、1901年に除籍されました。その後、解体されました。

ダンカンは、イギリス海軍の前弩級戦艦としては最後の艦でした。同艦は、イギリス海軍の近代化に貢献した艦であり、イギリス海軍史において重要な地位を占めています。

ダンカンの就役と運用

ダンカンの就役と運用

-ダンカンの就役と運用-

ダンカンは、1871 年 8 月 24 日に就役し、1873 年 4 月 1 日に、地中海艦隊に配属されました。同艦は、数年間この艦隊に所属し、地中海や東アフリカを巡航しました。1878 年に、ダンカンは本国に帰還し、大規模なオーバーホールを受けました。このオーバーホールでは、主砲が 12 インチ砲から 13.5 インチ砲に換装され、機関も改良されました。

オーバーホール後、ダンカンは再び地中海艦隊に配属され、数年間この艦隊に所属しました。1882 年に、同艦はエジプトで発生したウラビ革命鎮圧作戦に参加しました。ダンカンは、この作戦において、アレクサンドリアの砲撃に参加しました。1885 年に、ダンカンは本国に帰還し、その後は予備役として保管されました。1892 年に、ダンカンは売却され、解体されました。

ダンカンは、イギリス海軍の前弩級戦艦として、数多くの作戦に参加しました。同艦は、イギリス海軍の発展に大きく貢献した艦として、歴史に名を残しています。

ダンカンの退役

ダンカンの退役

ダンカンの退役

ダンカンは1909年に予備役となり、入渠して機関室とボイラーの改修が行われた。1913年に現役復帰し、第一次世界大戦勃発後はグランドフリートに加わって北海で哨戒任務に就いた。1915年にはダーダネルス海峡の戦いに参加し、1916年にはユトランド沖海戦にも参加した。

ダンカンは1919年に退役し、1920年に解体された。ダンカンは第一次世界大戦で活躍した前弩級戦艦であり、イギリス海軍の近代化に貢献した。ダンカンは現在でもイギリス海軍の歴史を学ぶ上で重要な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました