CR125R – ホンダが誇るモトクロス競技用オートバイ

スポンサーリンク

CR125R – ホンダが誇るモトクロス競技用オートバイ

CR125Rとは。

CR125Rとは、ホンダ(本田技研工業)が1978年から製造・販売した、総排気量124ccのモトクロス競技用オートバイです。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒を採用しています。

CR125Rの特徴と魅力

CR125Rの特徴と魅力

CR125Rの特徴と魅力

* -軽量でコンパクトな車体- CR125Rは、わずか102kgの軽量でコンパクトな車体を持ち、モトクロス競技に必要な俊敏性と取り回しの良さを誇ります。細身の車体はライダーの移動を妨げず、複雑なセクションや狭いコースでも容易に操ることができます。
* -パワフルなエンジン- 124ccの水冷単気筒エンジンは、最高出力36馬力を発生し、クラスをリードするパフォーマンスを実現します。スムーズなパワーデリバリーと優れたレスポンスにより、ライダーはあらゆる状況で確実にコントロールすることができます。
* -優れたサスペンション- 前輪と後輪には、それぞれショーワ製の43mm倒立フォークとリンク式モノショックが装備されています。長めのストロークと調整可能な減衰力により、どんな路面状況にも対応でき、ライダーに快適な乗り心地を提供します。
* -扱いやすいトランスミッション- 6速トランスミッションは、滑らかなシフトチェンジと正確なギア選択を可能にします。幅広いギア比により、様々なライディングスタイルやコース条件に対応することができます。
* -優れたブレーキ- 前後輪には、ブレンボ製のブレーキシステムが装備されており、強力な制動力とコントロール性を発揮します。大径のローターと軽量なキャリパーにより、ライダーは自信を持ってライディングすることができます。

CR125Rの歴史と変遷

CR125Rの歴史と変遷

CR125Rの歴史と変遷

ホンダのCR125Rは、1973年に発売されて以来、世界中のモトクロス競技者やファンに愛されてきたオートバイです。その歴史は長く、多くの変遷を遂げてきました。

初期のCR125Rは、前輪19インチ、後輪18インチというタイヤサイズで、エンジンは空冷2ストローク単気筒125ccでした。しかし、1981年に前輪21インチ、後輪18インチというタイヤサイズに変更され、エンジンも水冷2ストローク単気筒125ccとなりました。

また、1984年には、角型ヘッドライトとフロントフェンダーを装備した新しいモデルが発売されました。このモデルは、その後もマイナーチェンジを繰り返しながら販売され続け、1997年まで生産されました。

1998年には、CR125Rはフルモデルチェンジが行われ、エンジンが水冷4ストローク単気筒125ccとなりました。また、フレームも新設計され、足回りのセッティングも変更されました。このモデルは、その後もマイナーチェンジを繰り返しながら販売され続け、2007年まで生産されました。

2008年には、CR125Rは生産終了となりました。しかし、その人気は衰えることなく、今でも中古市場で人気を博しています。

CR125Rで活躍したレーサーたち

CR125Rで活躍したレーサーたち

-CR125Rで活躍したレーサーたち-

CR125Rは、ホンダが誇るモトクロス競技用オートバイであり、長年にわたって世界のモトクロスシーンで活躍してきました。その中でも、特に印象を残したレーサーたちが数多く存在します。

その一人目は、アメリカのジェレミー・マクグラスです。マクグラスは、1992年にプロデビューを果たし、1993年にはAMAスーパークロスのタイトルを獲得しました。その後も、1996年まで4連覇を果たし、スーパークロスのレジェンドとして君臨しました。

二人目は、日本の成田亮です。成田は、1994年にプロデビューを果たし、1996年には全日本モトクロス選手権のタイトルを獲得しました。その後も、2002年まで6連覇を果たし、日本のモトクロスのトップライダーとして活躍しました。

三人目は、アメリカのライアン・ヒューズです。ヒューズは、1999年にプロデビューを果たし、2000年にはAMAスーパークロスのタイトルを獲得しました。その後も、2003年まで3連覇を果たし、スーパークロスのトップライダーとして君臨しました。

CR125Rで活躍したレーサーたちは、いずれもモトクロス界のレジェンドであり、その功績は今も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました