ホンダの傑作「NS50F」とは?

スポンサーリンク

ホンダの傑作「NS50F」とは?

NS50Fとは。

NS50Fとは、ホンダが1989年から製造・販売した49ccのオートバイです。水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、ロードスポーツモデルとして発売されました。

NS50Fの歴史

NS50Fの歴史

NS50Fの歴史は、1984年に始まります。この年、ホンダは「NS500」というレーサーを発売しました。NS500は、2ストローク500ccエンジンを搭載した、非常に速く、そして高性能なレーサーでした。NS500は、すぐにレースで成功を収め、ホンダのフラッグシップモデルとなりました。

1987年、ホンダはNS500をベースにした市販車を発売しました。それが、NS50Fです。NS50Fは、NS500と同じエンジンを搭載した、非常に速く、そして高性能な市販車でした。NS50Fは、すぐに人気を博し、ホンダのベストセラーモデルとなりました。

NS50Fは、1997年まで生産されました。生産終了後も、NS50Fは多くのライダーに愛され続け、現在でも中古市場で取引されています。NS50Fは、ホンダの傑作であり、ホンダのモーターサイクルの歴史を語る上で欠かせない一台です。

NS50Fは、その性能の高さから、多くのライダーに愛され続け、現在でも中古市場で取引されています。NS50Fは、ホンダの傑作であり、ホンダのモーターサイクルの歴史を語る上で欠かせない一台です。

NS50Fの性能

NS50Fの性能

NS50Fの性能は、当時としては非常に優れていました。最高出力は7.2PS/8,000rpm、最大トルクは0.61kgf・m/7,500rpmを発揮しており、0-400m加速は16.4秒、最高速度は100km/hを誇っていました。また、車体は非常に軽量で、乾燥重量はわずか78kgでした。これにより、NS50Fは非常に俊敏で、ワインディングロードでも軽快に走ることができました。

NS50Fのもう一つの特徴は、その優れた燃費でした。当時の50ccクラスのバイクの平均燃費は約30km/Lでしたが、NS50Fの燃費は約50km/Lを達成していました。これにより、NS50Fは非常に経済的なバイクとして人気を集めました。

NS50Fは、その優れた性能と燃費、そして軽量な車体で、当時としては非常に画期的なバイクでした。そのため、NS50Fは多くのライダーから愛され、今でも根強い人気を誇っています。

NS50Fの販売終了

NS50Fの販売終了

NS50Fの販売終了

ホンダNS50Fの生産は、1990年に終了しました。このバイクは、1984年に発売されて以来、高い人気を博しており、ホンダの主力車種の一つでした。しかし、1990年代に入ると、NS50Fよりも高性能でスタイリッシュなバイクが登場するようになり、販売台数は減少していきました。また、排気ガス規制の強化も、NS50Fの販売終了に影響を与えたと考えられています。

NS50Fは、生産終了後も根強い人気を誇っており、現在でも中古車市場で取引されています。このバイクは、初心者向けのスポーツバイクとして最適であるとされており、特に若いライダーに人気があります。また、NS50Fは、カスタムベースとしても人気があり、様々な改造が施された個体を見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました