ホンダ「バモス」の魅力を徹底解説!

スポンサーリンク

ホンダ「バモス」の魅力を徹底解説!

バモスとは。

バモスとは、ホンダが1999年から2018年まで生産・販売していた、5ドアの軽自動車のことです。

ホンダ「バモス」とは?

ホンダ「バモス」とは?

ホンダ「バモス」とは、1999年にホンダから発売された軽商用バンです。日本では、バモスステップワゴンとして販売されていました。「バモス」の最大の特徴は、多彩なシートアレンジが可能であることです。2列目シートは、前後にスライドさせることができますし、3列目シートは、床下に収納することもできます。このため、荷室の広さを確保することも、乗車人数を増やすことも可能です。また、「バモス」は、2WDと4WDの両方が用意されており、悪路での走行性にも優れています。さらに、「バモス」は、低燃費なエンジンを搭載しているため、維持費も抑えることができます。このように、「バモス」は、多彩なシートアレンジ、悪路での走行性、低燃費など、さまざまな魅力を兼ね備えた軽商用バンです。

ホンダ「バモス」の特徴

ホンダ「バモス」の特徴

ホンダ「バモス」の魅力を徹底解説!

ホンダ「バモス」の特徴

ホンダ「バモス」は、1999年から2018年まで生産された軽トラックです。軽トラックというと、荷物を運ぶための実用車というイメージが強いですが、「バモス」は遊び心のあるデザインや、使い勝手のよい機能を備えた軽トラックとして人気がありました。

「バモス」の特徴のひとつが、軽トラックとは思えないスタイリッシュなデザインです。フロントグリルはメッキ加飾が施され、ヘッドライトは大型のクリアレンズを採用するなど、乗用車のようなおしゃれなデザインとなっています。また、荷台の部分はフラットな構造になっており、荷物を積み下ろししやすいのが特徴です。

「バモス」のもうひとつの特徴が、使い勝手のよさです。運転席と助手席の間にはセンターコンソールが備えられており、収納スペースがたくさんあります。また、後部座席は折り畳み式になっており、荷物をたくさん積むことができます。さらに、「バモス」には4WDモデルも設定されており、悪路での走行も可能です。

「バモス」は、スタイリッシュなデザインと使い勝手のよさを兼ね備えた軽トラックです。荷物を運ぶための実用車としてだけでなく、レジャーやアウトドアを楽しむための車としても最適です。

ホンダ「バモス」のグレードと価格

ホンダ「バモス」のグレードと価格

ホンダ「バモス」には、大きく分けて「G」「L」「DX」の3つのグレードがあります。それぞれのグレードで、価格と装備が異なります。

・Gグレード
「G」グレードは、「バモス」のベーシックグレードです。価格は146万3,500円からとなっています。装備は、エアコン、パワーウインドウ、キーレスエントリーなど、基本的なものが揃っています。

・Lグレード
「L」グレードは、「G」グレードより装備が充実したグレードです。価格は156万9,500円からとなっています。装備は、「G」グレードに加えて、アルミホイール、リアスポイラー、フォグランプなどが追加されています。

・DXグレード
「DX」グレードは、「バモス」の最上級グレードです。価格は167万5,500円からとなっています。装備は、「L」グレードに加えて、本革ステアリングホイール、クルーズコントロール、ETC車載器などが追加されています。

いずれのグレードも、2WDと4WDが設定されています。また、特別仕様車として「X」グレードも用意されています。「X」グレードは、「L」グレードをベースに、専用の内装や装備が施されたグレードです。

タイトルとURLをコピーしました