「かんぴょうイリチー」の作り方とレシピ

スポンサーリンク

「かんぴょうイリチー」の作り方とレシピ

かんぴょうイリチーとは。

かんぴょうイリチーとは、沖縄県の郷土料理です。水で戻したかんぴょうを3~4センチの長さに切り、短冊に切った豚肉とカマボコ、千切りの昆布やシイタケを一緒に炒めたものです。

「かんぴょうイリチー」の材料

「かんぴょうイリチー」の材料

「かんぴょうイリチー」の材料

「かんぴょうイリチー」を作るために必要な材料は以下の通りです。

・かんぴょう100g
・豚肉100g
・たまねぎ1/2個
・にんじん1/2本
・ピーマン1個
・ちくわ1本
・卵2個
・だし汁1と1/2カップ
・醤油大さじ1
・砂糖大さじ1
・酒大さじ1
・塩小さじ1/2
・サラダ油大さじ1

かんぴょうは水で戻してから食べやすい大きさに切ります。豚肉は一口大に切り、たまねぎとにんじんは薄切りにします。ピーマンは乱切り、ちくわは斜め切りにします。卵は溶いておきます。

「かんぴょうイリチー」の作り方

「かんぴょうイリチー」の作り方

「かんぴょうイリチー」は沖縄を代表する家庭料理のひとつで、かんぴょう、豚肉、にんじん、昆布などを炒めたものです。シンプルな料理ですが、かんぴょうのコリコリとした食感と豚肉の旨味がマッチしてとても美味しく、沖縄では定番のおかずとして親しまれているんです。

「かんぴょうイリチー」を作るには、まずはかんぴょうをよく洗ってから水気を切り、3~4cmの長さに切っておきます。次に豚肉は食べやすい大きさに切り、にんじんは細切りにします。昆布は水で戻しておきます。

準備ができたら、フライパンにサラダ油を熱して豚肉を炒め、色が変わってきたらにんじんを加えて炒めます。さらに、戻しておいた昆布、水気を切ったかんぴょうを加えて炒め合わせます。全体に油が回ったら、調味料(酒、砂糖、醤油)を加えて煮汁がなくなるまで炒めたら完成です。

「かんぴょうイリチー」は、ご飯のおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみとしても最適です。沖縄を訪れた際には、ぜひ一度ご賞味ください。

「かんぴょうイリチー」のポイント

「かんぴょうイリチー」のポイント

「かんぴょうイリチー」のポイント

* かんぴょうは、水で戻してしっかりと水気を切ることで、歯ごたえがよくなります。
* 油を多めに使い、かんぴょうを揚げ焼きにすることで、パリッとした食感になります。
* しょうゆ、みりん、砂糖の分量は、お好みで調整してください。
* 煮汁が少なくなり、水分が飛んだら、完成です。
* かんぴょうイリチーは、常備菜としても活用できます。冷蔵庫で3~4日保存可能です。

タイトルとURLをコピーしました