一わんみそ汁:京都の老舗味噌店が生んだ即席みそ汁

スポンサーリンク

一わんみそ汁:京都の老舗味噌店が生んだ即席みそ汁

一わんみそ汁とは。

一わんみそ汁は、京都府京都市上京区にある味噌専門店、本田味噌本店が作っているインスタントみそ汁です。焼き麩の中にフリーズドライの味噌と具が入っています。なめこの赤だし汁や油揚げのふくさ汁などがあります。

一わんみそ汁とは?

一わんみそ汁とは?

-一わんみそ汁とは?-

一わんみそ汁は、京都府にある老舗味噌店の「西京味噌」が製造している野菜や具材の入った即席みそ汁です。この味噌店の創業は西暦1662年(寛文2年)で、300年以上も続く老舗として知られています。一わんみそ汁は、この老舗味噌店が、インスタントラーメンのようにお湯を注ぐだけで手軽に美味しいみそ汁を味わってもらいたいという思いから開発されました。

一わんみそ汁は、具材や野菜がたっぷりと入ったみそ汁です。具材は、玉ねぎ、人参、ごぼう、椎茸、わかめ、じゃがいも、こんにゃく、里芋、油揚げ、麩などです。野菜は、すべて国産のものを使用しています。みそ汁のベースとなる味噌は、老舗味噌店が伝統的な製法で醸造した西京味噌です。西京味噌は、白味噌の一種で、甘口でまろやかな味わいが特徴です。

一わんみそ汁は、お湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。1食分の味噌と具材が入った1人前パックになっているので、お椀やマグカップに入れてお湯を注ぐだけです。1分ほど待てば、すぐに食べることができます。

一わんみそ汁の種類

一わんみそ汁の種類

「一わんみそ汁の種類」

京都の老舗味噌店である西京味噌が手掛ける「一わんみそ汁」は、味噌の旨味と具材の風味を存分に味わえる即席みそ汁です。その種類は、定番の「合わせ」「赤だし」「白みそ」に加え、京都ならではの味覚を詰め込んだ「京風」や、薬膳効果で健康志向な「薬膳」など、バラエティに富んでいます。

「合わせ」は、鰹節と昆布の出汁に、西京味噌の旨味と甘みが調和した、最もポピュラーなタイプです。また、「赤だし」は、八丁味噌と赤味噌をブレンドした風味豊かな味わい。「白みそ」は、白味噌のまろやかな甘みとコクが特徴です。

さらに、京野菜や湯葉、生麩などの京都の食材をふんだんに使用した「京風」は、京都の味覚を堪能できる一杯となっています。また、薬膳効果のある漢方食材を加えた「薬膳」は、滋養強壮や美肌など、さまざまな効能が期待できます。

「一わんみそ汁」は、いずれの種類も、味噌の旨味と具材の風味がしっかりと感じられる、ワンランク上の即席みそ汁です。

一わんみそ汁の使い方

一わんみそ汁の使い方

一わんみそ汁の使い方

一わんみそ汁は、簡単に美味しいみそ汁を作ることができる、インスタントみそ汁の一種です。一袋に味噌、具材、だしが入っているので、お湯に溶かすだけで、すぐに温かいみそ汁を味わうことができます。

使い方も簡単です。まず、お湯を約150ml用意します。そこに、一わんみそ汁を1袋加え、よく溶かします。お好みで、ネギやわかめなど、具材を加えてもよいでしょう。

一わんみそ汁は、手軽にみそ汁を飲みたいときや、一人暮らしの方にぴったりの商品です。また、登山やキャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

一わんみそ汁は、スーパーやコンビニなどで販売しています。

タイトルとURLをコピーしました