いちのせきハラミ焼き~ここだけの美味~

スポンサーリンク

いちのせきハラミ焼き~ここだけの美味~

いちのせきハラミ焼きとは。

いちのせきハラミ焼きとは、岩手県一関市の郷土料理。鶏のハラミをタマネギやニンニクの芽、味噌ダレと共に炒めたもの。

岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」とは

岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」とは

岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」とは

岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」は、直火で焼き上げた牛ハラミを特製のタレで食べる豪快な一品です。使用するハラミは、本来は焼肉店などで提供されることが多い部位ですが、一関市では昔からお好み焼きのように焼いて食べる独自のスタイルが根付いています。

ハラミ焼きの誕生は、昭和30年代にまでさかのぼります。当時、一関市には多くの焼き肉店があり、その中でも「ハラミ」を使った料理が人気でした。しかし、当時はハラミは高級な部位であり、一般家庭ではなかなか食べることができませんでした。そこで、焼き肉店では、ハラミを薄切りにして、お好み焼きのように焼くことで、より多くの人々にハラミを楽しんでもらえるように工夫しました。これが、ハラミ焼きの誕生のきっかけとなったと言われています。

ハラミ焼きは、一関市のソウルフードとして、現在でも多くの人に愛されています。一関市内の飲食店では、ハラミ焼きを提供するお店が数多くあり、それぞれのお店が独自のタレや焼き方でハラミ焼きを提供しています。また、一関市では、毎年「ハラミ焼きまつり」が開催されており、市内外から多くの人がハラミ焼きを目当てに訪れます。

ハラミ焼きの歴史と発祥

ハラミ焼きの歴史と発祥

-ハラミ焼きの歴史と発祥-

ハラミ焼きの歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたと考えられています。当時は「ハラミ」ではなく「ハラミシ」と呼ばれ、宮中や貴族の間で珍重されていました。その後、ハラミ焼きは庶民の間にも広まり、江戸時代には庶民の間で広く食べられていたとされています。現在のハラミ焼きは、昭和初期に盛岡市内の飲食店が考案したもので、当時盛んだった焼肉ブームに乗って一気に全国に広まりました。

ハラミ焼きの発祥の店とされるのは、盛岡市にある「いちのせきハラミ焼き」です。この店は、昭和10年に創業し、以来ハラミ焼き一筋で営業を続けています。いちのせきハラミ焼きのハラミ焼きは、ハラミを特製のタレに漬け込み、炭火で焼き上げたもので、その香ばしさとジューシーさが特徴です。

いちのせきハラミ焼きのハラミ焼きは、地元の人々だけでなく、観光客にも人気があるため、週末や祝日には行列ができることもあります。ハラミ焼きは、盛岡を代表するソウルフードとして、地元の人々から親しまれています。

いちのせきハラミ焼きの魅力と美味しさの秘密

いちのせきハラミ焼きの魅力と美味しさの秘密

-いちのせきハラミ焼きの魅力と美味しさの秘密-

いちのせきハラミ焼きは、岩手県一関市で生まれたご当地グルメです。一関市は、古くから「東北の穀倉地帯」と呼ばれ、良質な米や野菜を産出することで有名です。また、一関市には、日本三大和牛の一つである「前沢牛」を飼育する農家も多くあります。

いちのせきハラミ焼きは、そんな一関市の特産品である前沢牛のハラミを使用した料理です。ハラミは、牛の内臓の中でも最も柔らかい部位の一つで、適度な脂身と旨味が特徴です。いちのせきハラミ焼きでは、このハラミを丁寧に串焼きにし、秘伝のタレで味付けして焼き上げます。

いちのせきハラミ焼きの魅力の一つは、その柔らかさです。ハラミは、牛の内臓の中でも最も柔らかい部位の一つであり、いちのせきハラミ焼きでは、このハラミを丁寧に串焼きにすることで、さらに柔らかく仕上げています。

いちのせきハラミ焼きの魅力のもう一つは、その旨味です。ハラミは、適度な脂身と旨味が特徴であり、いちのせきハラミ焼きでは、このハラミを秘伝のタレで味付けして焼き上げることで、さらに旨味を引き出しています。

いちのせきハラミ焼きは、その柔らかさと旨味を兼ね備えた、絶品グルメです。一関市を訪れた際には、ぜひ一度いちのせきハラミ焼きを味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました