北海道の郷土料理「いかゴロルイベ」の魅力

スポンサーリンク

北海道の郷土料理「いかゴロルイベ」の魅力

いかゴロルイベとは。

いかゴロルイベとは、北海道の郷土料理で、イカの内蔵(ゴロ)に醤油などで味つけをし、イカの身の中につめて冷凍した珍味のことです。輪切りにして食べます。

「いかゴロルイベ」とは?

「いかゴロルイベ」とは?

「いかゴロルイベ」とは、北海道の郷土料理であり、新鮮なイカの肝を塩辛にしたもののことです。イカの肝を塩漬けにして発酵させることで、独特の風味と旨味を引き出しています。アイヌ民族の伝統的な保存食のひとつであり、アイヌ語で「ルイペ」と呼ばれています。ルイベとは、アイヌ語で「干したもの」を意味します。

イカゴロルイベは、北海道の日本海沿岸地域で主に作られており、道南地方では特に人気があります。函館や松前、江差などの地域でよく食べられており、郷土料理としてだけでなく、居酒屋やレストランでも提供されています。

イカゴロルイベは、その独特の風味から好き嫌いが分かれる食べ物ですが、一度食べるとやみつきになるという人も多くいます。イカの肝の濃厚な旨味と塩辛さが特徴で、お酒のおつまみとして最適です。また、ご飯のおかずにもよく合います。

「いかゴロルイベ」の食べ方

「いかゴロルイベ」の食べ方

「いかゴロルイベ」の食べ方には、いくつかの方法があります。

1. そのまま食べる
最もシンプルな食べ方は、そのまま食べる方法です。イカのゴロを一口大に切り、醤油やポン酢、酢味噌などお好みの調味料をつけて食べます。

2. 焼きイカのゴロを焼く
焼きイカのゴロは、焼くことで香ばしい风味が増します。イカのゴロを一口大に切り、フライパンで焼きます。焼き目がついたら、醤油やポン酢、酢味噌などお好みの調味料をつけて食べます。

3. 煮イカのゴロを煮る
イカのゴロは、煮ることで柔らかくなります。イカのゴロを一口大に切り、鍋に入れて煮ます。煮汁が少なくなるまで煮詰めたら、醤油やポン酢、酢味噌などお好みの調味料をつけて食べます。

4. イカのゴロを刺身にする
イカのゴロを刺身にすることもできます。イカのゴロを薄く切り、醤油やポン酢、酢味噌などお好みの調味料をつけて食べます。

「いかゴロルイベ」は、北海道の郷土料理として親しまれている珍味です。独特の風味がクセになりますが、一度食べるとやみつきになる人も多いとか。ぜひ、一度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました