幻の銘菓「猪最中」

スポンサーリンク

幻の銘菓「猪最中」

猪最中とは。

猪最中は、静岡県伊豆市の小戸橋製菓が製造・販売する銘菓で、天城の猪を模した最中種で十勝産の小豆餡を包んだ和菓子です。

猪最中の特徴とこだわり

猪最中の特徴とこだわり

猪最中とは、愛知県岡崎市にある香蘭というお菓子屋さんで作られている最中です。最中種は、国産もち米を100%使用し、丁寧に炊き上げて作られています。餡は、北海道産小豆を銅釜で丁寧に炊き上げ、猪の形に仕上げられています。猪の形の最中は、縁起が良いとされ、贈り物にも人気があります。

猪最中の特徴は、なんといってもその可愛らしい猪の形です。猪の顔は、とてもリアルに作られていて、まるで本物の猪がこちらを見ているかのようです。また、猪最中の餡は、小豆の風味がしっかりとしていて、甘すぎず、上品な味です。最中種は、パリッとした食感で、餡との相性も抜群です。

猪最中のこだわりは、材料選びから始まり、一つひとつの工程を丁寧に仕上げていることです。最中種は、国産もち米を100%使用し、丁寧に炊き上げて作られています。餡は、北海道産小豆を銅釜で丁寧に炊き上げ、猪の形に仕上げられています。猪の形の最中は、一つひとつ手作業で作られており、職人の技が光っています。

猪最中は、その可愛らしい猪の形と、上品な味で、多くの人々に愛されています。贈り物にも人気があり、愛知県岡崎市のお土産としても最適です。

猪最中の歴史とエピソード

猪最中の歴史とエピソード

猪最中は、その独特な形状と風味で愛されてきた銘菓です。

猪最中が生まれたのは、江戸時代中期のこと。熊本県人吉市の菓子屋「松井老舗」が、地元の特産品である猪肉を餡に使い、猪の形をした最中を考案しました。これが、猪最中の始まりです。

猪最中は、そのユニークな見た目はもちろん、猪肉を餡に使うことで、独特の風味を醸し出しています。猪肉は、牛肉や豚肉よりもあっさりとしていて、野趣あふれる味わいが特徴です。この猪肉を餡に使うことで、猪最中は、甘すぎず、あっさりとした味わいに仕上がっています。

猪最中は、地元の人々に愛され、やがて熊本県外にもその名が知られるようになりました。明治時代には、皇室にも献上されるようになりました。猪最中は、熊本県の代表銘菓として、現在も愛され続けています。

猪最中には、いくつかのエピソードがあります。その一つは、猪最中が、熊本城を救ったというエピソードです。江戸時代、熊本城が島津氏の攻撃を受けていた際、松井老舗の当主が、猪最中を島津氏に献上しました。島津氏は、猪最中の美味しさに驚き、熊本城の攻撃を中止したと言われています。

もう一つのエピソードは、猪最中が、熊本県の復興に貢献したというエピソードです。明治時代、熊本県は、西南戦争で大きな被害を受けました。松井老舗の当主は、猪最中を復興のシンボルとして売り出し、熊本県の復興に貢献しました。

猪最中は、その独特な形状と風味、そして歴史とエピソードで、人々に愛され続けている銘菓です。

タイトルとURLをコピーしました