ルナパールについての豆知識

スポンサーリンク

ルナパールについての豆知識

ルナパールとは。

ルナパールとは、イタリアのサルデーニャ島で産出される白御影石のことです。

ルナパールとはどんな石?

ルナパールとはどんな石?

ルナパールとはどんな石?

ルナパールとは、別名「ムーンストーン」と呼ばれる石で、その名の通り、月の光のように柔らかい光を放つ石です。フェルドスパーの一種で、アデュラリアとも呼ばれ、カリウムとナトリウムのアルミニウム珪酸塩でできています。ルナパールは、主に透明な石ですが、白や青、ピンクなど、さまざまな色があります。月の光を思わせるような神秘的な輝きが特徴です。また、ルナパールは、オパールのように遊色効果を持つことで知られており、角度によって異なる色に変化します。

ルナパールの産地と特徴

ルナパールの産地と特徴

ルナパールとは、別名「ホワイトパール」とも呼ばれ、稀少価値の高い宝石用淡水真珠の一種です。その名の通り美しい月の光のように柔らかな白色を放ち、色や光沢が均一で、他の真珠にはない特別な輝きがあります。ルナパールは中国の淡水地域で養殖され、その養殖方法は非常に高度な技術を要します。そのため、一般の淡水真珠よりも高価で貴重な存在となっています。また、ルナパールは他の真珠よりも硬度が高く、傷がつきにくいという特徴も持ち合わせており、多くの人々に愛され続けている真珠です。

タイトルとURLをコピーしました