「ゴン太」とは?太地町の歴史に触れながら紹介

スポンサーリンク

「ゴン太」とは?太地町の歴史に触れながら紹介

ゴン太とは。

ゴン太とは、和歌山県の南にある太地町で生まれたキャラクター。クジラをモデルにして作られた。太地町は日本での古式捕鯨の発祥の地とされている。

「ゴン太」はどんなキャラクター?

「ゴン太」はどんなキャラクター?

「ゴン太」は、和歌山県の太地町に伝わるマスコットキャラクターです。マスコットキャラクターという性質上、どのように決まったかは定かではありませんが、太地町の特産である「くじら」と「イルカ」をモチーフにしたデザインとなっています。

その名の通り、「ゴン太」という名前には「大きく太い」という意味が込められており、くじらの大きさとイルカの機敏さを兼ね備えたキャラクターとして親しまれています。また、青い海と緑の山を背景に、笑顔で飛び跳ねるような姿は、太地町の豊かな自然と「活気」を表現しているともされています。

「ゴン太」は、太地町のさまざまなイベントや観光案内所、町役場で活躍しており、町のシンボルとして定着しています。また、太地町を訪問した際には、「ゴン太」グッズがたくさん並んでいるお土産屋さんにも立ち寄ってみましょう。

「ゴン太」が生まれた太地町の捕鯨の歴史

「ゴン太」が生まれた太地町の捕鯨の歴史

太地町は、和歌山県南西部に位置する町で、古くから捕鯨の町として知られています。室町時代後期には、太地町で捕鯨が始まったとされ、その後、江戸時代には捕鯨が盛んになり、太地町は日本有数の捕鯨基地となりました。明治時代に入ると、捕鯨はさらに大規模になり、太地町は捕鯨の中心地として栄えました。しかし、第二次世界大戦後、捕鯨は衰退し、太地町も捕鯨の町としての地位を失いました。

太地町に「ゴン太」が生まれたのは、そんな捕鯨の衰退期でした。「ゴン太」は、1970年1月23日に太地町の海で捕獲されたマッコウクジラの赤ちゃんでした。マッコウクジラは、体長が最大20メートルにもなる巨大なクジラで、世界中の海に生息しています。しかし、「ゴン太」は体長がわずか5.8メートルと、マッコウクジラとしては非常に小さく、また、体が白く、マッコウクジラ特有の黒い皮膚とは異なっていました。そのため、「ゴン太」は「白いクジラ」として一躍話題となりました。

「ゴン太」は、太地町の捕鯨船によって捕獲された後、太地町のくじら浜水族館で飼育されました。「ゴン太」は、飼育員や観光客に愛され、太地町の観光名所となりました。しかし、1974年8月12日に「ゴン太」は死亡し、その死は多くの人々に惜しまれました。現在、太地町くじら浜水族館には、「ゴン太」の剥製が展示されています。

「ゴン太」の活躍するイベントやグッズ紹介

「ゴン太」の活躍するイベントやグッズ紹介

「ゴン太」の活躍するイベントやグッズ紹介

太地町のゆるキャラ「ゴン太」は、町内の様々なイベントで活躍しています。

毎年8月に開催される「太地くじら祭り」では、メインステージイベントに出演し、子供たちと一緒に歌やダンスを披露します。

また、9月に開催される「太地町観光協会夏祭り」では、会場内を練り歩きながら、町民や観光客と触れ合います。

さらに、11月に開催される「太地町産業祭」では、太地町産の農産物や海産物をPRするイベントに参加します。

「ゴン太」は、太地町のイベントで活躍するだけでなく、グッズも販売しています。

太地町役場や太地町観光協会では、ぬいぐるみやキーホルダー、クリアファイルなどの「ゴン太」グッズを販売しています。

また、町内の飲食店や土産物店でも、「ゴン太」をモチーフにした商品を販売しています。

「ゴン太」のグッズは、太地町のお土産として人気があり、多くの観光客が購入して帰省しています。

タイトルとURLをコピーしました