石狩鮭醤油らーめんの特徴と味わえる店

スポンサーリンク

石狩鮭醤油らーめんの特徴と味わえる店

石狩鮭醤油らーめんとは。

石狩鮭醤油ラーメンは、北海道石狩市の郷土ラーメンです。2010年に誕生したこのラーメンは、スープに佐藤水産株式会社の鮭醤油を使用しています。市内にある石狩麺恋会加盟店で味わうことができます。

石狩麺恋会加盟店で味わう一杯

石狩麺恋会加盟店で味わう一杯

石狩麺恋会加盟店で味わう一杯

石狩麺恋会加盟店は、石狩の食材や調味料にこだわり、石狩ならではのラーメンを提供しているお店です。その中でも特にオススメしたいのが、石狩鮭醤油らーめん。石狩の秋鮭をふんだんに使用した塩気のあるスープに、北海道産の小麦を使用した麺が絡み合い、まさに絶品。トッピングの鮭フレークやイクラが、さらに石狩の風味を引き立てます。

石狩麺恋会加盟店で味わえる石狩鮭醤油らーめんは、石狩の恵みを存分に味わえる一杯です。石狩を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。

石狩鮭醤油らーめんの歴史

石狩鮭醤油らーめんの歴史

石狩鮭醤油らーめんの歴史は、戦後にさかのぼります。北海道の石狩地方では、鮭の漁獲量が多く、鮭を加工した食品が盛んに作られていました。その中でも、鮭の切り身やあらを醤油で煮込んだ「石狩鍋」は、石狩地方の郷土料理として人気を集めていました。

石狩鮭醤油らーめんは、この石狩鍋をラーメンに応用したものです。昭和30年代後半、石狩地方のラーメン店「梅光軒」の店主が、石狩鍋のスープをラーメンのスープとして使用したところ、そのおいしさから評判を呼びました。これが、石狩鮭醤油らーめんの始まりと言われています。

その後、石狩鮭醤油らーめんは、石狩地方を中心に広まり、北海道を代表するラーメンのひとつとなりました。現在では、北海道だけでなく、全国各地のラーメン店でも提供されています。

タイトルとURLをコピーしました