秋田県の郷土玩具「イタヤ馬」について

スポンサーリンク

秋田県の郷土玩具「イタヤ馬」について

イタヤ馬とは。

イタヤ馬は、秋田県で愛される伝統的な郷土玩具のひとつです。
イタヤ細工という独特の手法で編んで作られた馬型の玩具で、無病息災を願う縁起物としても知られています。

イタヤ馬の歴史と由来

イタヤ馬の歴史と由来

秋田県の郷土玩具「イタヤ馬」の歴史と由来

秋田県の郷土玩具である「イタヤ馬」は、柳の木を削って作られる素朴な馬のおもちゃです。その歴史は古く、平安時代にはすでに作られていたと考えられています。当時は、子供の玩具として使われていたのではなく、魔除けとして使われていました。イタヤ馬には、厄を払う力があると信じられており、子供の健やかな成長を願って作られていました。

鎌倉時代になると、イタヤ馬は子供の玩具として使われるようになりました。当時、武士の子供たちは、イタヤ馬に乗って遊ぶのが大好きでした。イタヤ馬は、馬に乗って戦っている気分を味わうことができるので、子供たちに大人気でした。

戦国時代になると、イタヤ馬は庶民の間にも広がりました。庶民は、イタヤ馬を子供の玩具としてだけでなく、魔除けとして使いました。イタヤ馬は、その素朴な姿と、厄を払う力があるとされることから、人々に親しまれるようになりました。

江戸時代になると、イタヤ馬は秋田県の特産品として全国的に知られるようになりました。江戸時代には、イタヤ馬は、秋田藩の藩主に献上されるほど人気のおもちゃでした。また、イタヤ馬は、庶民の間でも広く使われるようになりました。庶民は、イタヤ馬を子供の玩具としてだけでなく、魔除けとして使いました。

明治時代になると、イタヤ馬は、海外にも輸出されるようになりました。海外では、イタヤ馬は、その素朴な姿と、厄を払う力があるとされることから、人々に親しまれるようになりました。現在、イタヤ馬は、秋田県の郷土玩具として、全国的に知られています。イタヤ馬は、その素朴な姿と、厄を払う力があるとされることから、人々に親しまれています。

イタヤ馬の作り方と特徴

イタヤ馬の作り方と特徴

-イタヤ馬の作り方と特徴-

イタヤ馬は、秋田県の郷土玩具であり、その名の通りイタヤの木を使用して作られる。イタヤの木は、秋田県に多く生息しており、柔らかく加工しやすいことから、古くからイタヤ馬の材料として使用されている。

イタヤ馬の作り方は、まずイタヤの木を細長い板状に削り、馬の形に切り抜く。次に、切り抜いた板を火で炙って曲げ、馬の頭や胴体などの形を整える。最後に、顔やたてがみを描き、馬の荷物を乗せれば完成である。

イタヤ馬の特徴は、何といってもその素朴な風合いである。イタヤの木の自然な色合いを生かした作り方は、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる。また、手作りのため、一つとして同じものがないのもイタヤ馬の魅力である。

イタヤ馬は、秋田県の郷土玩具として、古くから親しまれてきた。その素朴な風合いは、現代の人々にも愛されており、お土産としても人気が高い。

イタヤ馬の飾り方と縁起物としての意味

イタヤ馬の飾り方と縁起物としての意味

イタヤ馬の飾り方と縁起物としての意味

イタヤ馬は、馬を模した秋田県の伝統的な郷土玩具です。イタヤの木を薄く削り、曲げて作った骨組みに、布や紙を張って彩色したものです。その形状は、馬の背中に鞍や荷物を積んだ姿をしています。

イタヤ馬は、主に正月の飾りとして使われます。家の玄関や居間に飾られたイタヤ馬は、幸運を運んでくると言われています。また、受験生がいる家庭では、合格祈願としてイタヤ馬を飾る風習もあります。

イタヤ馬は、縁起物としても重宝されています。馬は、古くから縁起の良い動物とされており、イタヤ馬もその恩恵にあずかっています。イタヤ馬を飾ると、家内安全や無病息災、商売繁盛などのご利益があるとされています。

イタヤ馬は、秋田県の伝統的な郷土玩具として、古くから人々に親しまれてきました。その愛らしい姿は、見る人を癒してくれます。また、縁起物としての意味も込められているため、正月の飾りや贈り物として人気があります。

タイトルとURLをコピーしました