「実楽山田錦」:兵庫の純米酒

スポンサーリンク

「実楽山田錦」:兵庫の純米酒

実楽山田錦とは。

実楽山田錦とは、兵庫県の三木市吉川町にある特A地区で生産された山田錦という酒米と、六甲山の伏流水を使用した純米酒です。沢の鶴が製造と販売を行っています。

兵庫県、三木市吉川町特A地区産「山田錦」使用

兵庫県、三木市吉川町特A地区産「山田錦」使用

兵庫県、三木市吉川町特A地区産の山田錦は、兵庫県三木市吉川町特A地区で栽培された山田錦のことです。この山田錦は、気候風土に恵まれた三木市吉川町特A地区で、農家が丹精込めて栽培しています。その結果、山田錦は、大粒で心白の発達がよく、酒米として最適な品質となっています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。

山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。

六甲の伏流水「灘の宮水」使用

六甲の伏流水「灘の宮水」使用

六甲の伏流水「灘の宮水」使用

兵庫県は、日本の清酒生産量第1位の県であり、灘五郷と呼ばれる清酒の産地として知られています。その灘五郷のひとつに、六甲山系の伏流水「灘の宮水」を仕込み水として使用する「実楽山田錦」があります。

「灘の宮水」は、六甲山の花崗岩層を通り抜けてきた水で、硬度が低く、ミネラル分を豊富に含んでいます。この水は、清酒の仕込みに適しており、灘五郷の清酒の美味しさに一役買っています。

「実楽山田錦」は、この「灘の宮水」を使用して仕込まれた、純米酒です。山田錦という酒米を使用しており、精米歩合は60%です。アルコール度数は16度で、香りは穏やかで、味はまろやかです。

「実楽山田錦」は、冷やしてストレートで飲むのがおすすめです。また、燗酒にしても美味しくいただけます。食中酒としても、食後酒としても楽しむことができます。

「実楽山田錦」は、兵庫県の酒蔵「実楽酒造」が製造しています。実楽酒造は、1870年に創業した老舗の酒蔵です。伝統的な酒造りの技法を受け継ぎながら、新しい酒造りにも挑戦しています。

「実楽山田錦」は、兵庫県の清酒の美味しさを代表する銘酒のひとつです。ぜひ、機会があれば味わってみてください。

純米酒の製法について

純米酒の製法について

純米酒とは、米、米麹、水だけで作られる日本酒のことです。醸造アルコールや糖類などを添加しないため、米本来の旨味や甘みを味わうことができます。純米酒の製法は、酒造好適米を用いて、米を洗米し、浸漬して水に浸します。その後、蒸米して、米を蒸し上げます。蒸した米を冷ましてから、米麹と混ぜ合わせて、酒母を作ります。酒母は、酵母が育ち、アルコール発酵が始まります。発酵が完了したら、もろみを搾って、日本酒を分離します。日本酒をろ過して、火入れをして、貯蔵します。貯蔵後、瓶詰めして出荷されます。純米酒は、米本来の旨味や甘みを味わうことができる日本酒です。

タイトルとURLをコピーしました