本格焼酎「JONNALIE」その魅力とは

スポンサーリンク

本格焼酎「JONNALIE」その魅力とは

JONNALIEとは。

JONNALIEとは、東京都にある有限会社が製造する本格焼酎です。

ジョナリーの歴史と特徴

ジョナリーの歴史と特徴

-ジョナリーの歴史と特徴-

ジョナリーは、日本の本格焼酎の中でも、特に人気の高い焼酎です。その歴史は古く、今から約400年前の江戸時代にさかのぼります。当時は、現在の鹿児島県である薩摩藩で、地元の特産品であるサツマイモを原料とした焼酎が製造されていました。この焼酎は、その独特の風味とまろやかな飲み口で、すぐに人々に愛されるようになりました。

その後、ジョナリーは全国各地に広まり、現在では日本を代表する本格焼酎のひとつとなっています。ジョナリーの最大の特徴は、その芳醇な香りです。これは、原料のサツマイモに由来するもので、ほのかに甘く、フルーティーな香りがします。また、ジョナリーはまろやかな飲み口で、アルコール度数は25度前後と低めなので、女性やお酒に弱い方でも飲みやすいのが特徴です。

ジョナリーには、様々な種類があります。その中でも、特に人気が高いのが「白ジョナリー」と「黒ジョナリー」です。白ジョナリーは、原料のサツマイモを白麹で発酵させて作られた焼酎で、透明な色をしています。一方、黒ジョナリーは、原料のサツマイモを黒麹で発酵させて作られた焼酎で、琥珀色の色をしています。白ジョナリーは、すっきりとした飲み口で、黒ジョナリーは、コクのある飲み口が特徴です。

ジョナリーが愛される理由

ジョナリーが愛される理由

ジョナリーが愛される理由は、その独特の風味が挙げられます。ジョナリーは、鹿児島県産の黄金千貫という芋を用いて、伝統的な製法で造られています。黄金千貫は、甘みと香りの強い芋で、ジョナリーはその特徴を存分に引き出しています。また、ジョナリーは熟成期間が長く、そのことでまろやかで飲みやすい味わいになっています。

ジョナリーが愛されるもう一つの理由は、その飲みやすさです。ジョナリーは、アルコール度数25度とやや高めですが、その風味の強さから、水割りやロックで飲んでも美味しくいただけます。また、ジョナリーは芋焼酎特有のクセが少なく、飲みやすいのも特徴です。

ジョナリーは、その独特の風味と飲みやすさから、多くの人々に愛されている本格焼酎です。本格焼酎ならではの味わいを求めている方には、ぜひ一度試してみていただきたい銘柄です。

ジョナリーの飲み方とおすすめの料理

ジョナリーの飲み方とおすすめの料理

ジョナリーの飲み方とおすすめの料理

ジョナリーは、ストレート、ロック、水割り、ソーダ割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。ストレートで飲むと、ジョナリーの芳醇な香りとまろやかな味わいをダイレクトに感じることができます。ロックで飲むと、ジョナリーのキリっとした味わいと氷の冷たさが合わさって、爽快な飲み心地になります。水割りやソーダ割りで飲むと、ジョナリーの香りと味わいをより軽やかに楽しむことができます。お湯割りで飲むと、ジョナリーの香りと味わいがよりまろやかになり、寒い季節にもぴったりです。

ジョナリーに合う料理は、焼き鳥、刺身、天ぷら、おでんなど、和食全般です。また、チーズや生ハムなどの洋食にも合います。ジョナリーの香りと味わいが料理の味を引き立て、食事の時間をより豊かにします。

ジョナリーは、さまざまな飲み方で楽しむことができ、さまざまな料理に合う万能焼酎です。ぜひ、お好みの飲み方と料理でジョナリーの美味しさを堪能してみてください。

タイトルとURLをコピーしました