角屋のやきそば – 北海道の製麺会社のロングセラー

スポンサーリンク

角屋のやきそば – 北海道の製麺会社のロングセラー

角屋のやきそばとは。

角屋のやきそばとは、北海道美唄市にある製麺会社、角屋が作っている袋入りの焼そばです。あらかじめゆでて味付けがしてあり、フライパンで炒めて調理するほか、加熱せずにそのまま食べることができます。

「角屋のやきそば」の歴史と特徴

「角屋のやきそば」の歴史と特徴

「角屋のやきそば」の歴史と特徴

「角屋のやきそば」は、北海道苫小牧市に本社を置く製麺会社、角屋食品が製造・販売しているロングセラー商品です。1955年に発売されて以来、北海道を中心に多くのファンに愛され続けています。

「角屋のやきそば」の特徴は何といっても、その麺にあります。小麦粉と水、食塩のみで作られたシンプルな麺は、コシが強く、もちもちとした食感。また、ソースは特製の醤油ベースで、甘みとコクのある味わいが特徴です。

「角屋のやきそば」は、単品で食べるのはもちろん、野菜炒めや目玉焼きなどと一緒にアレンジして食べるのもおすすめです。また、北海道では「やきそば弁当」として、やきそばをご飯の上にのせたお弁当が親しまれています。

北海道のソウルフードのひとつとして愛され続けている「角屋のやきそば」。北海道を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてください。

「角屋のやきそば」の製造過程

「角屋のやきそば」の製造過程

北海道は、ラーメンやスープカレーなど、さまざまなグルメが楽しめる土地として知られています。そんな北海道で長く愛され続けているのが、角屋のやきそばです。角屋のやきそばは、北海道の製麺会社である角屋製麺が製造するインスタント焼きそばで、その歴史は半世紀以上にもなります。今回は、角屋のやきそばの製造過程をご紹介します。

まず、小麦粉を水で練って生地を作ります。生地は、何度も伸ばして折りたたむことで、コシのある麺になります。麺を茹で上げた後、油で揚げて乾燥させます。乾燥させた麺は、ソースやスパイスと一緒に袋詰めされ、出荷されます。角屋のやきそばは、シンプルな材料と製法で作られていますが、その味は長年多くの人々に愛され続けています。

角屋のやきそばは、北海道のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで購入することができます。また、角屋製麺のオンラインショップでも販売されています。角屋のやきそばは、北海道のお土産としても人気があります。

「角屋のやきそば」を使ったレシピ

「角屋のやきそば」を使ったレシピ

「角屋のやきそば」を使ったレシピ

角屋のやきそばは、北海道の製麺会社である角屋食品のロングセラー商品です。そのおいしさから、さまざまな料理に使用されています。ここでは、角屋のやきそばを使ったレシピをご紹介します。

-やきそば-

定番のやきそばは、角屋のやきそばを使って簡単に作ることができます。フライパンに油を熱し、角屋のやきそばを入れて炒めます。麺がほぐれ、香りが立ってきたら、付属のソースをかけて混ぜ合わせます。最後に、卵を落として完成です。

-焼きうどん-

やきそばと同じように、角屋のやきそばを使って焼きうどんを作ることができます。フライパンに油を熱し、角屋のやきそばを入れて炒めます。麺がほぐれ、香りが立ってきたら、付属のソースをかけて混ぜ合わせます。最後に、青ネギを散らして完成です。

-おやき-

角屋のやきそばを使って、おやきを作ることもできます。角屋のやきそばを茹で、水気をよく切ります。ボウルに角屋のやきそば、キャベツ、ニラ、豚肉、塩、胡椒を入れて混ぜ合わせます。餃子の皮で包んでフライパンで焼きます。両面がこんがりと焼けたら完成です。

-角屋のやきそばピザ-

角屋のやきそばを使って、角屋のやきそばピザを作ることもできます。フライパンに油を熱し、角屋のやきそばを入れて炒めます。麺がほぐれ、香りが立ってきたら、付属のソースをかけて混ぜ合わせます。ピザ生地に角屋のやきそばをのせて、チーズを散らしてオーブンで焼きます。両面がこんがりと焼けたら完成です。

角屋のやきそばは、さまざまな料理に使うことができます。ぜひ、お好みの料理を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました