カワサキKX60:子供向けモトクロス競技用モデル

スポンサーリンク

カワサキKX60:子供向けモトクロス競技用モデル

KX60とは。

– KX60は、カワサキが1982年から1990年まで製造・販売したオートバイです。排気量は60ccで、子供向けモトクロス競技用モデルでした。
– KX60は、水冷2ストローク単気筒を搭載した小型二輪車で、モトクロス競技やオフロード走行に適したモデルとして人気を博しました。
– KX60は、子供向けのモトクロス競技用モデルとして開発され、車体は軽量で扱いやすく、サスペンションも競技仕様に最適化されていました。

カワサキKX60の特徴

カワサキKX60の特徴

カワサキKX60の特徴

カワサキKX60は、子供向けに設計されたモトクロス競技用モデルです。KX60の特徴は、以下の通りです。

・軽量な車体KX60は、軽量なアルミフレームを採用しており、車重はわずか49kgです。この軽量な車体は、子供たちが操作しやすく、疲労を軽減します。

・パワフルなエンジンKX60は、排気量59ccの2ストロークエンジンを搭載しています。このエンジンは、スムーズなパワーデリバリーと優れたレスポンスを誇ります。

・優れたサスペンションKX60は、フロントにテレスコピックフォーク、リアにモノショックを採用しています。これらのサスペンションは、優れた衝撃吸収性と安定性を提供します。

・安全な装備KX60は、安全性を考慮した装備を備えています。例えば、キルスイッチやハンドガードなどが装備されており、子供たちが安全にライディングできるようになっています。

カワサキKX60は、子供向けのモトクロス競技用モデルとして、優れた性能と安全性を備えています。子供たちがモトクロス競技を始めるのに最適なモデルです。

カワサキKX60のスペック

カワサキKX60のスペック

カワサキKX60のスペック

カワサキKX60は、子供向けモトクロス競技用モデルで、4ストローク65ccエンジンを搭載しています。車体は軽量でコンパクトな設計で、ホイールサイズは前輪14インチ、後輪12インチです。サスペンションは、フロントがテレスコピックフォーク、リアがユニトラックを採用しています。ブレーキは、フロントがシングルピストンキャリパー、リアがシングルピストンキャリパーです。シート高は650mmで、最低地上高は200mmです。重量は59kgです。

カワサキKX60のエンジンは、4ストローク65cc単気筒SOHC2バルブエンジンで、最高出力は5.4馬力、最大トルクは4.7Nmです。トランスミッションは4速マニュアルで、クラッチは湿式多板クラッチを採用しています。点火方式はCDI式で、始動方式はキック式です。

カワサキKX60の車体は、軽量でコンパクトな設計で、ホイールサイズは前輪14インチ、後輪12インチです。フレームはスチール製で、サスペンションは、フロントがテレスコピックフォーク、リアがユニトラックを採用しています。ブレーキは、フロントがシングルピストンキャリパー、リアがシングルピストンキャリパーです。シート高は650mmで、最低地上高は200mmです。重量は59kgです。

カワサキKX60の歴史

カワサキKX60の歴史

カワサキKX60の歴史

カワサキKX60は、1983年に初めて発売された子供向けモトクロス競技用モデルです。それ以来、同社の最も人気のあるモデルのひとつであり、世界中のモトクロスレーサーたちによってレースで使用されてきました。

初代のKX60は、空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は12馬力でした。その後のモデルでは、エンジン、サスペンション、フレームなどの改良が行われ、よりパワフルで、より乗りやすくなっています。

現在のKX60は、水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は20馬力です。また、フロントとリアにディスクブレーキを備え、サスペンションも調整可能です。

KX60は、モトクロスに興味がある子供たちにとって、最適な入門バイクです。その軽量な車体と扱いやすいパワーは、子供たちがモトクロスの基本を学ぶのに最適です。また、カワサキの優れた品質と信頼性により、安心してレースに参加することができます。

KX60は、世界中の子供たちにモトクロスの楽しさを伝えてきたモデルです。その歴史は、まだ続いており、これからも多くの子供たちがKX60に乗ってモトクロスを始めることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました