「縣屋」は、高精白大麦が決め手!

スポンサーリンク

「縣屋」は、高精白大麦が決め手!

縣屋とは。

縣屋は、大分県にある縣屋(あがたや)酒造株式会社が製造している麦焼酎です。原料には高精白大麦が使用されています。

「縣屋」とは

「縣屋」とは

「縣屋」は、高精白大麦が決め手!

「縣屋」とは

「縣屋」は、新潟県長岡市にある老舗の酒蔵です。創業は1892年(明治25年)で、100年以上もの歴史があります。「縣屋」のこだわりは、なんといっても原料の大麦です。新潟県長岡市は、古くから大麦の産地として知られており、「縣屋」ではこの土地で栽培された大麦を厳選して使用しています。また、「縣屋」では大麦を精米する際に、「高精白」という方法を採用しています。高精白とは、大麦の外皮をできるだけ多く取り除く方法で、これにより雑味のない、すっきりとした味わいの日本酒ができあがります。

「縣屋」の日本酒は、その高精白大麦のおかげで、雑味のない、すっきりとした味わいに仕上がっています。また、「縣屋」では伝統的な製法を守りながら、新しいことにチャレンジする姿勢も大切にしています。その結果、「縣屋」の日本酒は、全国各地の日本酒ファンから愛される銘酒となっています。

「縣屋」の特徴

「縣屋」の特徴

「縣屋」の特徴

「縣屋」は、その独特の製法によって、他のお酒とは一線を画す味わいを持ちます。その特徴は、何と言っても高精白大麦を使用していることです。一般的に、日本酒の精米歩合は60~70%ですが、「縣屋」はなんと80%まで精米しています。これにより、雑味やえぐみのない、クリアで飲みやすいお酒に仕上がります。

また、「縣屋」は、地元の良質な水を使用していることも特徴です。水の良し悪しは、日本酒の味わいに大きく影響します。「縣屋」は、阿蘇の伏流水を使用しており、この水はミネラル分が豊富で、まろやかな口当たりを生み出しています。

さらに、「縣屋」は、伝統的な製法にこだわって造られています。機械化が進んだ現代でも、「縣屋」では昔ながらの手作業で丁寧に酒造りを行っています。このため、「縣屋」には手造りならではの温かみと深みがあります。

「縣屋」の飲み方

「縣屋」の飲み方

# -「縣屋」の飲み方-

「縣屋」は、高精白大麦が決め手となる、スッキリとした味わいとキレのある喉ごしが特徴の焼酎です。ロックや水割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しめます。

ロックは、「縣屋」の香りと味わいをストレートに味わえる飲み方です。グラスに氷を入れて、「縣屋」を注ぎます。氷が溶けていくことで、少しずつ味が変化していくのを楽しめます。

水割りは、「縣屋」の味わいをまろやかに楽しめる飲み方です。グラスに氷を入れて、「縣屋」と水を同じくらいの割合で注ぎます。水の量はお好みで調整してください。

お湯割りも、「縣屋」の味わいをまろやかに楽しめる飲み方です。グラスに熱湯を入れて、「縣屋」を注ぎます。お湯の量は、お好みで調整してください。お湯割りも水を割るよりも、「縣屋」のおいしさが味わえる飲み方です。

「縣屋」は、ソーダ割やジュース割りなど、さまざまな飲み方でも楽しめます。お好みの飲み方で、ぜひ「縣屋」の味わいを堪能してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました