「金時田舎そば」:小山町名産の自然薯を使用した田舎そば

スポンサーリンク

「金時田舎そば」:小山町名産の自然薯を使用した田舎そば

金時田舎そばとは。

金時田舎そばは、静岡県駿東郡小山町の有限会社ふじあざみが販売する田舎そばです。小山町の地産の自然薯を使ってつなぎとしています。小山町商工会では推奨品に認定しています。

小山町産自然薯の魅力

小山町産自然薯の魅力

小山町産自然薯の魅力

小山町は、栃木県南西部に位置する町です。豊かな自然に恵まれた小山町では、古くから自然薯の栽培が盛んです。小山町産の自然薯は、粘りが強く、甘みがあり、風味豊かなのが特徴です。その品質の高さから、全国各地に出荷されています。

小山町産の自然薯は、粘りが強いので、そば打ちに適しています。小山町の名産品である「金時田舎そば」は、小山町産の自然薯を使用した田舎そばです。金時田舎そばは、コシが強く、喉ごしが良く、自然薯の風味が豊かなのが特徴です。

小山町産の自然薯は、栄養価も豊富です。自然薯には、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、自然薯には、整腸作用や疲労回復効果があると言われています。

小山町産の自然薯は、その品質の高さから、全国各地に出荷されています。小山町産の自然薯を使った金時田舎そばは、小山町のソウルフードとして親しまれています。

金時田舎そばの製法

金時田舎そばの製法

金時田舎そばの製法

金時田舎そばは、小山町名産の自然薯と、地元産のそば粉を使用し、手打ちで仕上げられています。自然薯は、すりおろしたものをそば粉に混ぜ込みます。自然薯を加えることで、そばがもちもちとした食感になり、強いコシが生まれます。また、自然薯のさわやかな風味が、そばの味わいを引き立てます。

そば粉と自然薯を混ぜ合わせた生地は、手で練っていきます。生地が耳たぶくらいの固さになったら、麺棒で伸ばして、細く切っていきます。麺を茹で上げると、透明感のある美しいそばができあがります。金時田舎そばは、つゆに付けて食べるのが一般的ですが、薬味を加えてもおいしくいただけます。

金時田舎そばは、小山町の名物として、多くの人に親しまれています。地元のそば粉と自然薯を使用し、手打ちで仕上げられた金時田舎そばは、コシが強く、自然薯の風味が感じられる、おいしいそばです。小山町を訪れた際には、ぜひ金時田舎そばを味わってみてください。

金時田舎そばの味の特徴と食べ方

金時田舎そばの味の特徴と食べ方

金時田舎そばの味の特徴と食べ方

金時田舎そばの最大の特徴は、自然薯を使用したコシのある麺です。自然薯は、山芋の一種で、ねばりが強く、独特の風味があります。この自然薯を小麦粉と混ぜ合わせることで、コシのある麺が生まれるのです。

また、金時田舎そばは、風味も抜群です。自然薯のほかに、そば粉や小麦粉をブレンドすることで、豊かな風味を作り出しています。さらに、そばを打つ際には、手打ちにこだわり、一枚一枚丁寧に仕上げています。そのため、金時田舎そばは、機械打ちのそばとは一味違った、素朴な味わいを楽しむことができます。

金時田舎そばの食べ方は、シンプルにざるそばで食べるのがおすすめです。薬味には、ネギやわさび、大根おろしなどを添えると、より一層おいしくいただけます。また、天ぷらや山菜などのトッピングを添えると、ボリューム感が出ます。

金時田舎そばは、小山町の名産品として、多くの人々に愛されています。そのコシのある麺と豊かな風味は、一度食べたら忘れられないおいしさです。ぜひ一度、金時田舎そばを味わってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました