キラット製氷とは?仕組みとメリットを詳しく解説!

スポンサーリンク

キラット製氷とは?仕組みとメリットを詳しく解説!

キラット製氷とは。

キラット製氷とは、シャープの冷蔵庫に搭載されている、透明度の高い氷を作ることができる製氷機能のことです。

キラット製氷の仕組み

キラット製氷の仕組み

キラット製氷の仕組み

キラット製氷機の仕組みは、以下の通りです。

1. 水を注入する

まず、キラット製氷機に水を注入します。水は、浄水器を通した清潔な水を使用するのがベストです。

2. 水を凍らせる

注入された水は、製氷機の中で凍らされます。凍結方法は、主に「直冷式」と「間冷式」の2種類があります。

直冷式は、製氷機の内側に直接冷媒を循環させて水を凍らせる方式です。この方式は、氷が早くできますが、氷が溶けやすいというデメリットもあります。

間冷式は、製氷機の外側に冷媒を循環させて、冷媒を介して水を凍らせる方式です。この方式は、氷が溶けにくいというメリットがありますが、氷ができるまで時間がかかります。

3. 氷を貯蔵する

水が凍ると、氷は製氷機の貯蔵庫に貯蔵されます。貯蔵庫は、氷を一定の温度に保つことができるように設計されています。

4. 氷を取り出す

氷を取り出すには、製氷機の操作パネルで「製氷」ボタンを押します。すると、製氷機から氷が出てきます。

キラット製氷機は、氷を素早くかつ簡単に作ることができる便利な家電です。氷が必要な方は、キラット製氷機の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

透明度の高い氷を作るための工夫

透明度の高い氷を作るための工夫

透明度の高い氷を作るための工夫

キラット製氷のもう一つの特徴は、透明度の高い氷を作ることができることです。これは、氷の製氷過程で気泡が入らないように工夫されているためです。気泡が入ると、氷が白く濁ってしまいますが、キラット製氷では、氷の製氷過程で気泡が入らないように、氷の製氷過程で水を加圧することで、水中の気泡を押し出しています。また、氷の製氷過程で水をゆっくりと凍らせることで、氷の結晶が大きくなり、透明度の高い氷を作ることもできます。このため、キラット製氷で作った氷は、見た目にも美しく、飲み物に入れても氷が溶けても濁らないので、氷本来の美味しさを楽しむことができます。

キラット製氷のメリット

キラット製氷のメリット

キラット製氷のメリット

キラット製氷には、従来の製氷方法にはないメリットが数多くあります。

・省エネで環境に優しい
キラット製氷は、従来の製氷方法に比べてはるかに省エネです。従来の製氷方法は、水を氷点下まで冷やして氷を作るため、大量のエネルギーを消費します。一方、キラット製氷は、水を氷点下まで冷やすのではなく、氷の結晶核を生成することで氷を作ります。そのため、従来の製氷方法に比べてはるかに少ないエネルギーで氷を作ることができます。

・氷の質が高い
キラット製氷で作られた氷は、従来の製氷方法で作られた氷よりも質が高いと言われています。従来の製氷方法で作られた氷は、氷の結晶が大きく、氷が溶けやすいという特徴があります。一方、キラット製氷で作られた氷は、氷の結晶が小さく、氷が溶けにくいという特徴があります。そのため、キラット製氷で作られた氷は、従来の製氷方法で作られた氷よりも長持ちします。

・コストパフォーマンスに優れている
キラット製氷は、従来の製氷方法よりもコストパフォーマンスに優れています。従来の製氷機は、購入価格が高く、維持費も高くなります。一方、キラット製氷機は、購入価格も維持費も低く抑えられています。そのため、キラット製氷機は、従来の製氷機よりもコストパフォーマンスに優れていると言えます。

タイトルとURLをコピーしました