北海道の銘柄牛「こぶ黒」を知る

スポンサーリンク

北海道の銘柄牛「こぶ黒」を知る

こぶ黒とは。

「こぶ黒」は、北海道日高郡新ひだか町の松元牧場で育った黒毛和種牛のことで、エサに日高産の昆布を混ぜて育てられています。

こぶ黒の歴史

こぶ黒の歴史

北海道の銘柄牛「こぶ黒の歴史」

こぶ黒は、かつて北海道の黒毛和牛の基礎を築いた種雄牛「十勝丸103号」の血を受け継ぐ黒毛和牛です。十勝丸103号は、1933年に北海道十勝管内帯広町の家畜市場で競り落とされた後、種雄牛として北海道各地で活躍しました。その孫である「こぶ黒」は、1957年に北海道十勝管内中川町の酪農家で生まれた牛です。こぶ黒は、その優れた肉質と繁殖能力で知られ、北海道産黒毛和牛のブランド牛として全国にその名が知られるようになりました。

こぶ黒の肉質の特徴は、きめ細かく、脂が適度にのった柔らかい肉質です。また、赤身と脂身のバランスが良く、旨味と甘みが強いのが特徴です。こぶ黒の繁殖能力も高く、1度の出産で2頭の子牛を産むことも珍しくありません。そのため、こぶ黒の子牛は全国の酪農家から種牛として人気を集め、北海道産黒毛和牛の血統を全国に広めるのに貢献しました。

こぶ黒の生産者

こぶ黒の生産者

こぶ黒の生産者は、北海道の道北地域に位置する名寄市に拠点を置く「農業生産法人名寄農協」です。名寄農協は、1948年に設立された総合農業協同組合で、農業生産・販売・加工・流通など、幅広い事業を展開しています。

こぶ黒の生産に携わるのは、名寄農協のなかでも畜産部門の生産者グループです。生産者グループは、約30名の畜産農家で構成されており、全員が名寄市近郊に農場を構えています。生産者グループは、こぶ黒の生産に適した環境づくりや、牛の健康管理に努めています。

生産者グループは、こぶ黒の生産にあたり、厳格な管理基準を設けています。管理基準には、飼料の内容や飼育方法、牛の健康状態など、さまざまな項目が含まれています。生産者グループは、これらの管理基準を遵守することで、高品質で安全なこぶ黒の生産を目指しています。

生産者グループは、こぶ黒の生産を通して、地域農業の振興に貢献しています。こぶ黒は、名寄市の特産品として知られており、地元の人々に親しまれています。また、こぶ黒は全国各地に出荷されており、多くの消費者に愛されています。生産者グループは、こぶ黒の生産を通して、地域農業の活性化に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました