越神楽:吟醸酒の掛米に適した酒造好適米

スポンサーリンク

越神楽:吟醸酒の掛米に適した酒造好適米

越神楽とは。

越神楽は、山田錦と北陸174号を親とする日本酒造りに適した品種のお米です。新潟県の原酒造が、農研機構中央農業総合研究センター北陸研究センターと協力して開発し、2010年に品種登録されました。高精白にも耐えられる強さがあり、吟醸酒の掛米として適しています。

越神楽とは

越神楽とは

越神楽とは、兵庫県神崎郡市川町で栽培されている酒造好適米のことです。酒造好適米とは、酒造りに適したお米のことで、一般のお米よりもでんぷん質が多く、タンパク質が少ないのが特徴です。

越神楽は、平成20年に兵庫県農林水産技術総合センターで育成された品種で、山田錦よりも汎用性があり、かつ精米歩合を高めることなく、上質な吟醸酒を醸すことができる酒造好適米です。

越神楽は、山田錦よりも栽培が容易で、収量も多いことから、近年注目を集めており、全国各地の酒蔵で、越神楽を使った日本酒が造られています。

越神楽の特徴

越神楽の特徴

越神楽の特徴

越神楽は、酒を醸すのに適した酒造好適米です。酒造好適米とは、酒造りに適した特性を持ったお米のことです。越神楽は、酒造好適米の中でも、吟醸酒の掛米に適しています。吟醸酒とは、米の精米歩合が60%以下の日本酒のことです。精米歩合とは、玄米を削った割合のことです。精米歩合が低いほど、日本酒は雑味が少なく、すっきりとした味わいに仕上がります。越神楽は、吟醸酒の掛米に適している理由は、タンパク質含有量が少ないことです。タンパク質含有量が少ないお米は、酒造りに適しています。タンパク質含有量が高いと、日本酒に雑味や苦味が出やすくなります。越神楽は、タンパク質含有量が少ないので、吟醸酒に適しているのです。

越神楽の栽培と収穫

越神楽の栽培と収穫

越神楽は、吟醸酒の掛米に適した酒造好適米です。新潟県と長野県で栽培されており、特に新潟県魚沼地域では、高品質な越神楽が生産されています。越神楽は、大粒で白く、心白が大きく、タンパク質含有量が低いため、吟醸酒造りに適しています。また、越神楽は、病気に強く、栽培が容易なため、農家にも人気があります。

越神楽の栽培は、稲作の基本に忠実に行われます。田植えは、5月下旬から6月上旬に行われ、収穫は、10月下旬から11月上旬に行われます。越神楽は、水田で栽培され、水管理には特に注意が払われます。また、越神楽は、肥料を与えすぎると品質が低下するため、肥料の与え方には注意が必要です。

越神楽の収穫は、稲穂が黄金色に色づいたころに行われます。稲穂は、コンバインで刈り取られ、乾燥機で乾燥されます。乾燥された稲穂は、籾すり機で籾摺りされ、玄米が得られます。玄米は、精米機で精米され、白米が得られます。白米は、酒蔵で吟醸酒の掛米として使用されます。

タイトルとURLをコピーしました