飯田の馬鈴薯「くだりさわ」の魅力

スポンサーリンク

飯田の馬鈴薯「くだりさわ」の魅力

くだりさわとは。

くだりさわは、信州の伝統野菜に選ばれている長野県飯田市産のじゃがいもです。

長野県の伝統野菜「くだりさわ」とは?

長野県の伝統野菜「くだりさわ」とは?

長野県の伝統野菜「くだりさわ」とは、飯田市下久堅地区発祥といわれるジャガイモの品種です。その名は、江戸時代、このジャガイモが当時、伊那谷と呼ばれた飯田市から伊那街道を経て、江戸・東京まで運ばれたことに由来しています。

くだりさわの特徴は、まずその大きさです。通常のジャガイモよりも一回りから二回り大きく、最大で1個あたり1kgを超えるものもあります。また、皮の色は薄く、身は淡黄色で、ホクホクとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。そして、貯蔵性にも優れており、長期保存が可能なのも魅力です。

くだりさわの生産地・飯田市について

くだりさわの生産地・飯田市について

飯田市は、長野県の南端に位置する市です。東は静岡県、南は愛知県に接しています。面積は653.09平方キロメートルで、人口は約10万人です。飯田市は、山々に囲まれた盆地で、温暖な気候です。主な産業は、農業、工業、観光業です。

飯田市の農業は、稲作、蔬菜、果樹、花卉などが盛んです。特に、馬鈴薯の生産は盛んで、飯田市は日本一の馬鈴薯の産地です。飯田市で生産される馬鈴薯は、「くだりさわ」という品種で、甘みと、ほくほくとした食感が特徴です。

飯田市は、豊かな自然と、おいしい食材に恵まれたまちです。ぜひ、一度訪れてみてください。

くだりさわの特徴とおすすめの食べ方

くだりさわの特徴とおすすめの食べ方

くだりさわの特徴とおすすめの食べ方

飯田の馬鈴薯「くだりさわ」は、その独特の風味と食感が特徴の品種です。肉質は緻密で、煮物や焼き物などにするとホクホクとした食感を楽しむことができます。また、甘みが強く、そのまま食べてもおいしいのが特徴です。

くだりさわのおすすめの食べ方は、皮つきのまま蒸したり焼いたりして食べるのが一番です。こうすることで、皮の香ばしさと中の甘みを最大限に引き出すことができます。また、煮物や炒め物、カレーなどの料理に使ってもおいしく召し上がることができます。

くだりさわは、まさに飯田の郷土の味覚ともいえる馬鈴薯です。ぜひ一度、そのおいしさを味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました