鯨羊羹というお菓子

スポンサーリンク

鯨羊羹というお菓子

鯨羊羹とは。

鯨羊羹とは、宮崎県宮崎市佐土原町の郷土菓子。米粉と砂糖を混ぜて蒸した生地に、小豆餡を挟んだお菓子です。

鯨羊羹の歴史と由来

鯨羊羹の歴史と由来

-鯨羊羹の歴史と由来-

鯨羊羹は、鯨の肉と砂糖を原料とした羊羹の一種です。江戸時代中期に、伊豆諸島と小笠原諸島の漁師たちが、捕鯨の際に保存食として鯨肉を加工して作ったのが始まりと言われています。

当初は、鯨の肉を塩漬けにして保存していましたが、後に、砂糖を加えて羊羹状にしたことで、より保存性が向上し、また、鯨肉の臭みも軽減されたことから、庶民の間にも広まりました。

明治時代に入ると、捕鯨技術の発達により、捕獲される鯨の量が増加し、鯨羊羹の生産量も増加しました。また、この頃には、鯨羊羹に小豆や栗などのあんこを加えたものも作られるようになり、バリエーションが広がりました。

昭和初期には、鯨羊羹は全国各地に広まり、庶民の間でも親しまれるようになりました。しかし、第二次世界大戦後、捕鯨の衰退とともに、鯨羊羹の生産量も減少しました。

近年、鯨食文化の見直しや、鯨肉を使った食品の開発が進んでいることから、鯨羊羹も再び注目を集めています。特に、小豆や栗などのあんこを加えた鯨羊羹は、鯨肉の臭みを抑え、食べやすいため、幅広い世代に人気があります。

鯨羊羹の作り方

鯨羊羹の作り方

鯨羊羹の作り方

材料
– 鯨の皮 100g
– 砂糖 100g
– 小豆 100g
– 寒天 10g
– 水 200ml

作り方
1. 鯨の皮を洗い、食べやすい大きさに切る。
2. 小豆を水に浸し、一晩置く。
3. 翌日、小豆を鍋に入れ、水を加えて火にかけ、沸騰させる。
4. 沸騰したら弱火にして、小豆が柔らかくなるまで煮る。
5. 柔らかくなったら砂糖を加え、さらに10分ほど煮る。
6. 寒天を水に溶かし、鍋に加えて混ぜる。
7. 鯨の皮を加えて混ぜ、型に流し込む。
8. 冷蔵庫で冷やし固める。
9. 固まったら、型から取り出して切り分ける。

鯨羊羹の味わい

鯨羊羹の味わい

鯨羊羹の味わい

鯨羊羹は北海道で親しまれている郷土菓子です。小麦粉や砂糖、寒天に鯨の脂や肉を加えて作られます。鯨の脂は独特の風味が特徴で、それを加えることで、羊羹にコクと旨みが生まれます。また、鯨の肉はタンパク質が豊富で、羊羹の食感に弾力をもたらします。

鯨羊羹の見た目は、普通の羊羹とあまり変わりません。しかし、口にすると、鯨の脂の風味が広がり、普通の羊羹とは一味違う味わいを楽しめます。また、鯨の肉が入っているため、普通の羊羹よりも食べ応えがあります。

鯨羊羹は、そのまま食べても美味しいですが、軽くトーストして食べるのもおすすめです。トーストすると、鯨の脂が溶けて、さらに風味がアップします。また、アイスクリームやフルーツと一緒に食べても美味しいでしょう。

鯨羊羹は、北海道のお土産として人気があります。北海道旅行の際には、ぜひ一度鯨羊羹を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました