蔵醍醐, 福島県で生まれたクリームチーズの味噌漬け

スポンサーリンク

蔵醍醐, 福島県で生まれたクリームチーズの味噌漬け

KURA-DAIGOとは。

KURA-DAIGOとは、福島県南相馬市の株式会社菅野漬物食品が製造・販売する、味噌で漬け込んだクリームチーズのことです。表記は「蔵醍醐」とも呼ばれます。

蔵醍醐とは?

蔵醍醐とは?

蔵醍醐とは、福島県で生まれたクリームチーズの味噌漬けのことです。クリームチーズを味噌に漬け込むことで、濃厚な味わいと味噌の旨味を兼ね備えた、新しいタイプのチーズが誕生しました。蔵醍醐は、福島県産の牛乳を使用したクリームチーズを使用しており、味噌も福島県産のものを厳選しています。また、蔵醍醐は、地元の蔵元である「会津酒造」の蔵の中で漬け込まれているため、蔵の風味が移り、さらに深い味わいに仕上がっています。蔵醍醐は、そのまま食べても美味しいですが、パンやクラッカーに乗せて食べても美味しくいただけます。また、料理の隠し味として使用しても、コクと旨味が増します。蔵醍醐は、福島県の新しい特産品として注目されており、全国各地から注文が殺到しています。

蔵醍醐の製造過程

蔵醍醐の製造過程

蔵醍醐の製造過程は、まず牛乳を原料としてチーズを製造することから始まります。チーズを製造する際には、まず牛乳を殺菌し、乳酸菌を加えて発酵させます。発酵が完了したら、凝乳酵素を加えて固め、ホエイ(液状部)とカード(固形部)に分離します。カードを切断して型に詰め、圧力をかけて水分を抜きます。その後、一定期間熟成させるとチーズが完成します。

チーズが完成したら、味噌床に漬け込みます。味噌床は、味噌、みりん、砂糖、酒などを混ぜて作ります。チーズを味噌床に漬け込むことで、味噌の風味がチーズに移り、独特のコクと旨味が生まれます。

チーズを味噌床に漬け込む期間は、数日から数週間程度です。漬け込み期間が長いほど、味噌の風味が強く出ます。漬け込みが完了したら、チーズを取り出して表面の味噌を洗い流し、乾燥させます。

乾燥させたチーズは、真空パックにして冷蔵庫で保管します。蔵醍醐は、そのまま食べても美味しいですが、クラッカーやパンにのせたり、料理のトッピングとしても利用できます。

蔵醍醐の楽しみ方

蔵醍醐の楽しみ方

蔵醍醐の楽しみ方

蔵醍醐はそのまま食べるだけでももちろんおいしいですが、さまざまなアレンジを楽しむことができます。

例えば、クラッカーやバゲットにのせておつまみとして食べたり、サラダのトッピングにしたり、パスタソースにしたりするのもおすすめです。また、スイーツとして楽しむこともできます。蔵醍醐をケーキやタルトにのせたり、アイスクリームに添えたりするのもおいしいです。

蔵醍醐は、その濃厚な味わいとクリーミーな食感で、さまざまな料理に活用することができます。ぜひ、自分好みの食べ方を見つけてみてください。

蔵醍醐は、福島県産の牛乳と生クリームで作られたクリームチーズを、地元の味噌で漬け込んだものです。味噌の塩味と旨味、クリームチーズのまろやかさが絶妙にマッチした、コクのある味わいが特徴です。

蔵醍醐は、そのまま食べるだけでももちろんおいしいですが、さまざまなアレンジを楽しむことができます。例えば、クラッカーやバゲットにのせておつまみとして食べたり、サラダのトッピングにしたり、パスタソースにしたりするのもおすすめです。また、スイーツとして楽しむこともできます。蔵醍醐をケーキやタルトにのせたり、アイスクリームに添えたりするのもおいしいです。

蔵醍醐は、その濃厚な味わいとクリーミーな食感で、さまざまな料理に活用することができます。ぜひ、自分好みの食べ方を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました