「米屋が選んだ くりやの塩」のこだわりと販売店情報

スポンサーリンク

「米屋が選んだ くりやの塩」のこだわりと販売店情報

米屋が選んだ くりやの塩とは。

「くりやの塩」は、香川県さぬき市にあるくりや株式会社が加工する塩の商品名です。その塩は、中国とチベット高原にある塩湖の水を精製して作られています。

くりや株式会社の強み

くりや株式会社の強み

くりや株式会社の強み

くりや株式会社は、1911年(明治44年)に創業した老舗の塩メーカーです。塩の販売だけでなく、塩を使った調味料や食品の製造・販売も行っています。くりや株式会社の強みは、以下の通りです。

・塩作りに対するこだわり
くりや株式会社は、塩作りにこだわりを持っています。塩の原料となる海水は、瀬戸内海の離島である小豆島から汲み上げています。小豆島の海水は、ミネラルを豊富に含んでおり、良質な塩が作れるとされています。また、塩を作る工程にもこだわりを持っており、昔ながらの手法で丁寧に塩を作っています。

・幅広い塩のラインアップ
くりや株式会社は、幅広い塩のラインアップを取り揃えています。粒の大きさが異なる塩や、味付けをした塩など、様々な塩を販売しています。また、塩を使った調味料や食品も製造・販売しており、塩を様々な形で楽しむことができます。

・販売ルートの多さ
くりや株式会社は、塩の販売ルートが多彩です。スーパーや食品店だけでなく、オンラインショップでも販売しています。また、飲食店やホテルなどにも卸しており、幅広い顧客に塩を販売しています。

・顧客満足度の高さ
くりや株式会社は、顧客満足度の高さに定評があります。塩の品質や味にこだわりを持っており、顧客からの信頼を得ています。また、顧客からの問い合わせや要望にも迅速に対応しており、顧客満足度の向上に努めています。

加工方法と塩の特徴

加工方法と塩の特徴

加工方法と塩の特徴

くりやの塩は、海水から塩を取り出すために「平釜炊き」という伝統的な方法で作られています。平釜炊きとは、平らな釜に海水を入れて火で炊き、水分を蒸発させることで塩を取り出す方法です。この方法は、塩に余計な приме物が混ざらず、塩本来の旨味や甘味を最大限に引き出すことができます。

また、くりやの塩は、瀬戸内海の海水を使用しています。瀬戸内海の海水は、ミネラルが豊富で、塩を作るのに最適な海水と言われています。くりやの塩は、瀬戸内海の豊かなミネラルをたっぷり含んでおり、まろやかで深い味わいが特徴です。

くりやの塩は、塩の粒子の大きさが異なる3種類が販売されています。粗塩は、塩の粒子が大きく、料理に食感を出すことができます。中塩は、塩の粒子が中程度で、万能に使える塩です。細塩は、塩の粒子が小さく、料理に溶けやすく、使いやすい塩です。

販売店情報

販売店情報

販売店情報

「米屋が選んだ くりやの塩」は、インターネット通販や一部のスーパーマーケット、百貨店などで販売されています。インターネット通販では、くりやの塩の公式サイトをはじめ、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの人気ショッピングサイトで購入することが可能です。スーパーマーケットでは、イオン、イトーヨーカドー、西友、ライフなどの大手スーパーマーケットで販売されています。百貨店では、三越伊勢丹、髙島屋、大丸松坂屋などのデパートで購入することができます。

「米屋が選んだ くりやの塩」は、全国各地の販売店で取り扱われており、簡単に手に入れることができます。インターネット通販を利用すれば、自宅まで商品を届けてもらうことができるので、忙しい方や重い荷物を持ちたくない方にもおすすめです。スーパーマーケットや百貨店では、実際に商品を手に取って確認してから購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました