ザンタレの魅力と釧路グルメとしての歴史

スポンサーリンク

ザンタレの魅力と釧路グルメとしての歴史

釧路ザンタレとは。

釧路ザンタレとは、北海道釧路市で親しまれているご当地グルメ。ザンギ(鶏の唐揚げ)に、甘辛いタレをかけて味わう一品です。

釧路ザンタレのルーツと歴史

釧路ザンタレのルーツと歴史

釧路ザンタレのルーツと歴史

釧路ザンタレの起源は、明治時代まで遡ります。釧路開港により、北海道各地から多くの移住者が集まり、その中には、北海道南部から来た人々もいました。彼らが釧路に持ち込んだのが、サンマの蒲焼きの文化です。サンマの蒲焼きは、北海道南部では一般的な料理で、サンマを醤油、砂糖、酒などで味付けをして焼いたものです。釧路に移住してきた人々は、このサンマの蒲焼きを釧路に広めましたが、釧路にはサンマがいないため、代用として秋刀魚が使われるようになりました。これが、釧路ザンタレの始まりと言われています。

その後、釧路ザンタレは釧路の郷土料理として定着し、釧路グルメの一翼を担うようになりました。釧路ザンタレは、サンマや秋刀魚を醤油、砂糖、酒、みりんなどで味付けをして焼いたもので、その甘辛いタレが特徴です。釧路ザンタレは、ご飯のおかずとして食べたり、お酒のおつまみとして食べたりすることができます。釧路ザンタレは、釧路の居酒屋や食堂で食べることができますが、釧路の家庭でもよく作られる料理です。

ザンタレの特徴と魅力

ザンタレの特徴と魅力

-ザンタレの特徴と魅力-

ザンタレは、釧路の郷土料理のひとつで、豚のホルモンをタレで味付けして焼いたものです。その特徴は、まず何といっても甘辛いタレです。このタレは、醤油、砂糖、みりん、酒、にんにく、生姜などをベースに作られており、ホルモンとの相性は抜群です。また、ザンタレは、ホルモンを焼く際にたっぷりと油を使うため、ジューシーな仕上がりになります。そして、ザンタレのもう一つの特徴は、その独特の食感です。ホルモンは、プリプリとした食感ですが、ザンタレは、タレと油によって柔らかく仕上がっています。そのため、ホルモンが苦手な人でも、ザンタレならおいしく食べることができます。

ザンタレの魅力は、何といってもそのおいしさです。甘辛いタレとジューシーなホルモンの組み合わせは、一度食べたらやみつきになること間違いなしです。また、ザンタレは、ビールやハイボールなどのアルコール飲料との相性も抜群です。そのため、釧路では、ザンタレを居酒屋などで楽しむ人も多くいます。さらに、ザンタレは、手軽に作ることができるのも魅力です。ホルモンとタレを用意すれば、すぐに作ることができます。そのため、家庭料理としても人気があります。

釧路ザンタレが楽しめるお店

釧路ザンタレが楽しめるお店

釧路ザンタレが楽しめるお店

釧路ザンタレを味わうことができるお店は、釧路市内には数多くあります。その中でも、特に人気のお店をご紹介します。

* ザンタレ発祥の地である「鳥松」は、ザンタレ発祥の地として、釧路市民に親しまれています。ザンタレのタレは秘伝のレシピで作られており、その味は唯一無二です。
* 「ザンギ本舗」は、ザンタレの他にも、ザンギやチキンバスケットなどの揚げ物メニューが充実しています。ザンタレは、秘伝のタレに漬け込まれた鶏肉を炭火で焼き上げたもので、香ばしい香りが食欲をそそります。
* 「釧路ザンタレ本舗」は、ザンタレを専門とするお店として、2016年にオープンしました。ザンタレのタレは、こだわりの素材で作られており、その味は絶品です。

これらの他にも、釧路市内にはザンタレが楽しめるお店がたくさんあります。どこで食べても美味しいザンタレを味わうことができますので、ぜひ食べ比べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました