山舟生和紙を知る

スポンサーリンク

山舟生和紙を知る

山舟生和紙とは。

山舟生和紙は福島県伊達市梁川町で生産される和紙です。一度は1980年頃に生産が途絶えましたが、1995年に地元の有志によって復活しました。

山舟生和紙とは

山舟生和紙とは

-山舟生和紙とは-

山舟生和紙とは、江戸時代から続く伝統的な和紙です。山梨県の奥多摩地域で生産されており、良質な水と山林資源を生かして作られています。山舟生和紙の特徴は、細く長い繊維を原料としており、紙の強度と美しさを兼ね備えていることです。また、自然素材を原料としているため、環境にも配慮した和紙として知られています。

山舟生和紙は、主に書道や水墨画に使用されています。その耐久性と美しさから、芸術作品に適しており、多くの芸術家が愛用しています。また、近年では工芸品やインテリアとしても注目を集めており、様々な用途に使用されています。

山舟生和紙の歴史

山舟生和紙の歴史

山舟生和紙の歴史は古く、1300年以上前に遡ります。山舟生和紙は、高知県須崎市山舟生地区で生産される伝統的な手漉き和紙であり、その歴史は700年以上前までさかのぼることができます。

山舟生和紙は、楮(こうぞ)という植物の繊維を原料として作られ、その特徴は、薄くて丈夫で、透き通っていることです。また、山舟生和紙は、その独特の風合いから、書道や絵画、版画などの芸術作品にも使用されています。

山舟生和紙の歴史は、中国から伝わった製紙技術をベースに、日本独自の発展を遂げたものであり、今日では、山舟生和紙は、日本の伝統工芸品の一つとして大切にされています。

山舟生和紙の作り方

山舟生和紙の作り方

山舟生和紙の作り方

山舟生和紙は、山地で成長するコウゾの皮を原料とした手漉き和紙です。山舟地区では、この和紙が江戸時代から作られており、現在では国の重要無形文化財に指定されています。

山舟生和紙の作り方は、まずコウゾの皮を水に浸して柔らかくし、繊維質をほぐして紙の原料である「和紙パルプ」を作ります。和紙パルプは、水に溶かして粘り気を出し、そこにネリと呼ばれる植物性の糊を加えて紙漉きの準備をします。

紙漉きは、漉き舟と呼ばれる桶の中に紙漉き用の簀子を入れ、和紙パルプを流し込んで作ります。簀子は、竹や木製の細い棒を縦横交互に組み合わせて作られた枠で、紙漉きの際に紙の厚みや質感を決める重要な道具です。

漉き舟の中で和紙パルプを簀子ですくい上げると、水は簀子の隙間から流れ落ち、繊維質が簀子の上に残って紙の形になります。この作業を繰り返し、簀子の上に紙が形成されたら、簀子ごと水から取り出して乾燥させます。

乾燥させた紙は、水を含ませた後に、平らな石や板の上で叩いて繊維を整えます。この作業を「叩解(こうかい)」といい、紙の強度や滑らかさを向上させる効果があります。

叩解を終えた紙は、最後に天日干しにして完全に乾燥させます。乾燥した紙は、和紙の表面に特殊な模様を施す「文様打ち」と呼ばれる工程を経て、山舟生和紙が完成します。

タイトルとURLをコピーしました