「数の英語表現辞典」を徹底解説!

スポンサーリンク

「数の英語表現辞典」を徹底解説!

数の英語表現辞典とは。

数の英語表現辞典は、小学館が1999年に初版を発行した辞典です。2018年には『改訂新版』が刊行されました。小学館辞書編集部が編集したこの辞典には、ビジネスや日常会話で必要な英語の数の言い回しが収録されています。また、日本語の索引も付いているので、調べものにも便利です。

収録されている内容

収録されている内容

「収録されている内容」

「数の英語表現辞典」には、数字や数量の英語表現が網羅されています。基本的な数字や単位から、分数、小数、分数、対数など、さまざまな形式の数字をカバーしています。また、お金、時間、日付、測定単位など、 日常生活でよく使われる数量の英語表現も収録されています。

さらに、「数の英語表現辞典」には、数字や数量に関する慣用句やイディオムも収録されています。例えば、「a dime a dozen(1ダース10セント)」は「ありふれた」という意味で、「in the nick of time(時間ギリギリ)」は「ぎりぎりのタイミングで」という意味です。

「数の英語表現辞典」は、数字や数量の英語表現を学ぶための貴重なツールです。ビジネスや旅行など、さまざまな場面で活用することができます。

ビジネスや日常会話で役立つ例文

ビジネスや日常会話で役立つ例文

ビジネスや日常会話で役立つ例文

数字の英語表現を覚えても、実際にどうやって使うのか分からない人もいるでしょう。そこで、ここではビジネスや日常会話で役立つ例文をご紹介します。

* -会議で数字を使う場合-

「売上は前年比10%増でした。」
「利益は3000万円でした。」
「経費は200万円でした。」

* -買い物をする場合-

「この商品の値段はいくらですか?」
「セールで50%オフになっています。」
「10個ください。」

* -レストランで注文する場合-

「ピザを1枚ください。」
「飲み物はビールを2杯お願いします。」
「デザートはアイスクリームをください。」

* -道を尋ねる場合-

「駅からこのホテルまでの距離はどれくらいですか?」
「この交差点を右に曲がってください。」
「500メートル先を左に曲がってください。」

* -電話で予約する場合-

「来週の金曜日の午前10時に予約をお願いします。」
「2名で予約したいのですが。」
「禁煙席をお願いします。」

以上のように、数字の英語表現はビジネスや日常会話のさまざまな場面で使われます。ぜひ、これらの例文を参考にして、数字の英語表現を正しく使いこなせるようになりましょう。

タイトルとURLをコピーしました