リスト・ロックとは?プロレス・格闘技で威力を発揮する関節技

スポンサーリンク

リスト・ロックとは?プロレス・格闘技で威力を発揮する関節技

リスト・ロックとは。

「リスト・ロック」とは、プロレスや格闘技で用いられる関節技のひとつです。相手の腕や手首を極めて、痛みを与える目的で行われます。

リスト・ロックとは?

リスト・ロックとは?

リスト・ロックとは、プロレスや格闘技で使用される関節技の一種です。相手の腕を自分の足で挟み込み、絞り上げることにより、痛みを与えたり、腕を極めていったりします。主に相手が寝ている状態から仕掛けることが多く、相手の腕を自分の膝の上に乗せて、自分の足で相手の肘を挟み込み、逆方向にひねることで極まります。

リスト・ロックは、プロレスや格闘技でよく使用される関節技であり、相手の腕を極めて試合を有利に進めることができます。また、リスト・ロックは、関節技の中でも比較的安全に極めることができるため、初心者でも比較的容易に習得することができます。

リスト・ロックのバリエーション

リスト・ロックのバリエーション

リスト・ロックのバリエーション

基本的なリスト・ロックの他にも、さまざまなバリエーションが存在する。その中には、相手の肘関節を極める「エルボー・ロック」、相手の手首を極める「リスト・ウィップ」、相手の腕を背後に回して極める「アームバー」などが含まれる。また、リスト・ロックと他の関節技を組み合わせた複合技も数多く存在する。

エルボー・ロックは、レスリングや柔道でよく見られる関節技である。相手の腕を曲げて手首を掴み、その手首を自分の膝の上に押し付けることで極める。エルボー・ロックは、相手の肘関節を痛めるだけでなく、腕全体を麻痺させる効果もある。

リスト・ウィップは、レスリングや総合格闘技でよく見られる関節技である。相手の腕を曲げて手首を掴み、その手首を自分の肩の方に引き寄せることで極める。リスト・ウィップは、相手のリストを痛めるだけでなく、腕全体を麻痺させる効果もある。

アームバーは、レスリングや柔道でよく見られる関節技である。相手の腕を自分の背後に回して、その手首を自分の膝の上に押し付けることで極める。アームバーは、相手の肩関節を痛めるだけでなく、腕全体を麻痺させる効果もある。

リスト・ロックのバリエーションは、相手の腕を極める関節技である。そのバリエーションは数多く存在し、それぞれに異なる極め方や効果がある。

タイトルとURLをコピーしました