スズキアルトラパンのOEMモデル「スピアーノ」

スポンサーリンク

スズキアルトラパンのOEMモデル「スピアーノ」

スピアーノとは。

スピアーノは、マツダが2002年から2008年まで販売していた車です。スズキのアルトラパンのOEM車であり、ボディタイプは5ドアハッチバックでした。

スピアーノのデザインと特徴

スピアーノのデザインと特徴

スピアーノは、スズキアルトラパンのOEMモデルとして日産自動車から販売されている軽自動車です。2008年から販売が開始され、2015年と2021年にそれぞれモデルチェンジが行われました。

スピアーノの特徴は、丸みを帯びた可愛らしいデザインです。また、軽自動車でありながら室内空間は広く、荷室容量も十分です。また、燃費性能も良く、走行性能も安定しています。

スピアーノのグレードは、ベーシックな「X」、充実した装備が施された「G」、スポーティな「RS」の3つがあります。価格は、Xが132万円、Gが144万円、RSが156万円です。

スピアーノは、燃費性能や走行性能に優れた軽自動車を探している人にはおすすめです。また、可愛らしいデザインなので、女性にも人気があります。

スズキアルトラパンとの比較

スズキアルトラパンとの比較

スズキアルトラパンのOEMモデルであるスピアーノは、2008年から2013年まで販売された軽自動車です。アルトラパンの特徴的なレトロなデザインを受け継ぎ、丸みを帯びたヘッドランプやボディラインが特徴です。

アルトラパンとの大きな違いは、リアのデザインです。アルトラパンは縦長のテールランプを採用していますが、スピアーノは横長のテールランプを採用しています。また、スピアーノはアルトラパンよりも全長が短く、ホイールベースも短いことが特徴です。

エンジンは、アルトラパンと同じく0.66L直列3気筒エンジンを搭載しています。最高出力は54ps、最大トルクは63Nmを発生します。トランスミッションは、4速オートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが設定されています。

燃費は、JC08モードで21.6km/L~25.0km/Lです。アルトラパンよりも燃費が向上しています。

インテリアは、ベージュを基調とした明るい色調です。インパネはシンプルで、視認性に優れています。シートは、アルトラパンよりも硬めの設定です。

装備は、電動格納式ドアミラー、パワーステアリング、エアコン、キーレスエントリーなどが標準装備されています。また、上級グレードには、アルミホイールや本革シートなどが装備されています。

スピアーノは、アルトラパンよりも価格が安く、燃費も優れています。また、アルトラパンよりもコンパクトなボディサイズは、街乗りには適しています。

しかし、アルトラパンよりもリアのデザインが劣っているという意見もあります。また、乗り心地はアルトラパンよりも硬いという意見もあります。

中古車の価格や相場

中古車の価格や相場

スズキアルトラパンのOEMモデル「スピアーノ」の中古車の価格や相場は、年式や走行距離、グレード、装備、状態によって異なります。一般的に、年式が新しく、走行距離が少なく、グレードが高く、装備が充実していて、状態の良いスピアーノは、中古車の価格や相場が高くなります。また、スピアーノは、女性に人気の車種であるため、女性に人気のカラーや装備を備えたスピアーノは、中古車の価格や相場が高くなる傾向があります。

加えて、スピアーノは、スズキの販売店や中古車販売店だけでなく、個人売買でも販売されているため、中古車の価格や相場は、販売者によって異なる場合があります。そのため、スピアーノの中古車を検討する場合は、複数の販売者から見積もりを取ったり、中古車情報サイトなどで相場を調べたりして、適正な価格で購入するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました