スゴイオンの仕組みと効果

スポンサーリンク

スゴイオンの仕組みと効果

スゴイオンとは。

「スゴイオン」とは、東芝のエアコンに搭載されている空気清浄機能のことです。この機能は、空気中のウイルスや菌にイオンを帯電させ、熱交換器で捕獲して抑制する仕組みになっています。

スゴイオンとは何か

スゴイオンとは何か

スゴイオンとは何か

スゴイオンとは、空気中に存在する水分子に含まれる水素原子の代わりに、他の元素の原子などが置換されたイオンのことです。スゴイオンは、空気中に自然に存在しており、その濃度は約100万個/cm3と言われています。スゴイオンの代表的な種類としては、水素イオン、酸素イオン、窒素イオン、二酸化炭素イオンなどがあります。スゴイオンは、空気中に存在するほこりやウイルス、細菌などの粒子に付着し、それらを中和する働きがあります。また、スゴイオンは、人の体内の細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があると言われています。スゴイオンは、自然界に存在する物質であり、人体に無害であるため、健康に良いイオンとして注目されています。

スゴイオンのしくみ

スゴイオンのしくみ

スゴイオンのしくみ

スゴイオンは、水に電気を流すことで生成されるイオン水です。電気を流すことで、水中のイオンが活性化し、マイナスイオンとプラスイオンに分離されます。マイナスイオンは、水素イオンと電子から構成されており、プラスイオンは、酸素イオンと電子から構成されています。

マイナスイオンは、活性酸素を除去する働きがあり、抗酸化作用があります。また、マイナスイオンは、細胞を活性化し、新陳代謝を促進する働きもあります。プラスイオンは、殺菌作用があり、細菌やウイルスを死滅させる働きがあります。また、プラスイオンは、血液をサラサラにする働きがあり、血栓を予防する効果があります。

スゴイオンは、マイナスイオンとプラスイオンの両方の効果を併せ持ったイオン水です。マイナスイオンは、抗酸化作用と細胞活性化作用があり、プラスイオンは、殺菌作用と血栓予防効果があります。スゴイオンは、これらの効果により、健康維持や美容に役立つとされています。

スゴイオンの効果

スゴイオンの効果

-スゴイオンの効果-

スゴイオンは、水道水に含まれる塩素を分解し、無害な物質に変換することで、水道水の味や臭いを改善します。また、スゴイオンは水道水に含まれる不純物を吸着し、除去することで、水道水の透明度を向上させます。さらに、スゴイオンは水道水に含まれる細菌やウイルスを殺菌し、水道水の衛生状態を改善します。

スゴイオンは、水道水の味や臭いを改善するだけでなく、水道水の透明度を向上させ、水道水の衛生状態を改善します。そのため、スゴイオンは、水道水をよりおいしく、より安全に飲むことができるようにする効果があります。

スゴイオンは、水道水の味や臭いを改善するだけでなく、水道水の透明度を向上させ、水道水の衛生状態を改善します。そのため、スゴイオンは、水道水をよりおいしく、より安全に飲むことができるようにする効果があります。

スゴイオンは、水道水の味や臭いを改善するだけでなく、水道水の透明度を向上させ、水道水の衛生状態を改善します。そのため、スゴイオンは、水道水をよりおいしく、より安全に飲むことができるようにする効果があります。

タイトルとURLをコピーしました