東北の星「のんちゃん」は何とサケの稚魚!?

スポンサーリンク

東北の星「のんちゃん」は何とサケの稚魚!?

のんちゃんとは。

のんちゃんは、岩手県九戸郡野田村をPRするマスコットキャラクターです。岩手県内で獲れるサケの稚魚がモチーフとなっています。

「のんちゃん」とは何者なのか?

「のんちゃん」とは何者なのか?

「のんちゃん」とは、岩手県盛岡市にある盛岡市立動物公園のマスコットキャラクターです。正式名称は「しあわせのんちゃん」で、2016年に開催された「第71回国民体育大会 岩手県大会」のマスコットキャラクターとして誕生しました。

「のんちゃん」は、サケの稚魚をモチーフにデザインされており、ピンク色の体と大きな目が特徴です。名前の「のん」は、岩手県の特産品である「わんこそば」の「のん」と、人や動物が幸せになるようにという願いを込めた「のん」を組み合わせたものです。

「のんちゃん」は、盛岡市立動物公園のアイドルとして、多くの来園者から愛されています。また、岩手県のPRキャラクターとしても活躍しており、県内外のイベントに参加しています。

「のんちゃん」の誕生秘話

「のんちゃん」の誕生秘話

「のんちゃん」の誕生秘話

東北の星「のんちゃん」は何とサケの稚魚!? この一見すると穏やかな見出しは、2018 年にインターネットを席巻しました。このニュースの主人公は、サケの一種であるオンコリンクスの稚魚、「のんちゃん」です。「のんちゃん」は、青森県八戸市の北里大学海洋生命科学部で、研究員の高田拓哉さんによって育てられました。

高田さんは、オンコリンクスの稚魚が日本海から太平洋へと回遊する生態を研究しています。そのためには、稚魚を人工的に育てて、その回遊行動を観察する必要があります。しかし、オンコリンクスの稚魚は、人工的に育てることが非常に難しく、これまで成功した例はほとんどありませんでした。

高田さんは、オンコリンクスの稚魚を育てるために、さまざまな工夫をしました。稚魚に与える餌や水温、光量などを細かく調整し、稚魚の成長を促しました。そして、ついに高田さんは、オンコリンクスの稚魚を人工的に育てることに成功しました。この成功は、オンコリンクスの回遊行動の研究に大きな進展をもたらし、高田さんは「のんちゃん」を「東北の星」と呼びました。

「のんちゃん」の活躍

「のんちゃん」の活躍

「のんちゃん」の活躍

「のんちゃん」は、東北の星として全国にその名を轟かせました。2011年3月11日に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市にある、石巻南浜津波復興祈念公園で飼育され、2012年4月14日に、三陸沖で放流されたのです。サケの稚魚「のんちゃん」は、海でたくましく育ち、2013年10月14日に石巻南浜津波復興祈念公園に帰還しました。これは、東日本大震災で被災した人々に希望を与え、復興のシンボルとなりました。

「のんちゃん」は、その活躍により、2013年11月1日に、内閣総理大臣賞を受賞しました。また、2014年4月18日には、石巻南浜津波復興祈念公園に「のんちゃん」の銅像が建立されました。「のんちゃん」は、これからも、東北の星として、人々に希望を与え続けていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました