「すえちゃん」って知ってる?愛知県のマスコットキャラクターをご紹介!

スポンサーリンク

「すえちゃん」って知ってる?愛知県のマスコットキャラクターをご紹介!

すえちゃんとは。

すえちゃんは愛知県豊田市のマスコットキャラクターです。豊田大塚古墳から出土した国の重要文化財である装飾須恵器がモチーフになっています。

すえちゃんの誕生秘話

すえちゃんの誕生秘話

すえちゃん誕生秘話

愛知県のご当地キャラクターとして親しまれている「すえちゃん」。その誕生には、愛知県の魅力を全国に発信したいという願いが込められています。2010年、愛知県は「愛知県観光プロモーションキャラクター」を創設し、公募により「すえちゃん」が選ばれました。すえちゃんの名前は、愛知県の花である「すえひろそう」に由来しています。すえちゃんのキャラクターは、愛知県の名産品である「八丁味噌」をイメージした頭の形、「名古屋コーチン」をイメージした目元、「三河湾の海の幸」をイメージした口元など、愛知県の魅力が詰まっています。

また、すえちゃんの大きな特徴として、「きしめんパンダ」がいることが挙げられます。きしめんパンダは、すえちゃんの双子の妹で、愛知県の名産品である「きしめん」をイメージしたキャラクターです。すえちゃんと共に、愛知県の魅力を全国に発信しています。すえちゃんは、愛知県で開催されるイベントに積極的に参加し、県内の観光スポットをPRしています。すえちゃんの活躍により、愛知県の観光客数は増加傾向にあり、県の経済活性化に貢献しています。

すえちゃんができるまで

すえちゃんができるまで

「すえちゃん」の誕生は、愛知県が2018年に開催された「全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」のPR用キャラクターを公募したことに始まります。この公募に応募したのは、愛知県出身のイラストレーターである岩井健太さんでした。岩井さんは、愛知県の形をした頭に、県の花であるカキツバタと、県の鳥であるヒバリを冠したキャラクターのデザインを提案し、見事採用されました。

「すえちゃん」という名前は、愛知県の愛称である「尾張」「三河」を組み合わせて名づけられました。「すえちゃん」は、2018年の全国都道府県対抗女子駅伝競走大会で愛知県チームの応援キャラクターを務めた後、2019年に愛知県のマスコットキャラクターに就任しました。

「すえちゃん」は、県内各地のイベントに出演したり、県産品のPRをしたりと、愛知県を盛り上げるために活躍しています。また、「すえちゃん」は、愛知県をPRする動画にも出演しており、その動画はYouTubeで公開されています。

すえちゃんのプロフィール

すえちゃんのプロフィール

すえちゃんのプロフィール

すえちゃんは、愛知県犬山市の公式マスコットキャラクターです。2004年3月19日に誕生し、犬山市を代表する観光スポットである犬山城をイメージしてデザインされました。

すえちゃんの名前は、犬山市の特産品である「すえもの(陶磁器)」に由来しています。「すえ」とは、土を焼いて作った焼き物のことで、犬山市の窯元では古くからすえものが作られてきました。すえちゃんは、犬山市の焼き物の伝統をアピールするためのキャラクターとして誕生しました。

すえちゃんの外見は、犬山市を象徴する犬山城をイメージしたものになっています。頭には犬山城の天守閣を模した帽子をかぶり、首には犬山城の石垣を模したスカーフを巻いています。体毛は、犬山城の外観をイメージした白と黒の毛並みです。また、しっぽは犬山城の鯱鉾を模しています。

すえちゃんは、犬山市の観光PR活動に活躍しています。犬山市内のイベントや観光施設に登場して、犬山市の魅力をアピールしています。また、犬山市以外のイベントにも出演することがあります。

タイトルとURLをコピーしました