山ノ内町の守り神!シガ公を知っていますか?

スポンサーリンク

山ノ内町の守り神!シガ公を知っていますか?

シガ公とは。

「シガ公とは、長野県北部の山ノ内町を拠点に活動する地元のマスコットキャラクターです。カモシカを神格化した山の神様をモチーフとしています。」

シガ公とは何者?

シガ公とは何者?

シガ公とは何者?

シガ公とは、長野県下高井郡山ノ内町に伝わる伝説上の生き物です。山ノ内町を象徴するキャラクターとしても広く知られ、町内にはシガ公にまつわる史跡や伝説が多く残されています。

シガ公の容姿は、大きな頭と長い手足を持った猿のような姿をしているのが特徴です。また、シガ公は山の神様として崇められ、山ノ内町の守り神であると言われています。

シガ公の伝説は、平安時代頃にまで遡ります。昔、山ノ内町には鬼が住んでおり、その鬼は村人を襲って食べていました。村人たちは鬼に怯え、毎日のように神様にお祈りを捧げていました。ある日、山ノ内町にシガ公が現れます。シガ公は鬼と戦い、鬼を追い払ってくれました。それ以来、シガ公は山ノ内町の守り神として崇められるようになりました。

シガ公は、山ノ内町の歴史や文化に欠かせない存在です。山ノ内町には、シガ公にまつわる史跡や伝説が数多く残されています。また、毎年夏には「シガ公祭り」が開催されます。シガ公祭りは、シガ公に感謝し、山ノ内町の安全を祈るお祭りです。

シガ公は、山ノ内町の人々に愛され、親しまれている存在です。

シガ公の誕生秘話

シガ公の誕生秘話

シガ公の誕生秘話

シガ公は、山ノ内町の郷土玩具です。その始まりは、今から400年前の戦国時代のこと。武田信玄の命により、山ノ内町の領主であった村上義清が、武田勝頼を討つために出陣しました。しかし、その戦いで村上義清は敗れ、山ノ内町は武田氏の支配下となりました。

武田氏による支配は厳しく、山ノ内町の住民たちは苦しみを強いられました。ある日、武田氏の家臣が、山ノ内町の住民を虐殺する事件が起こりました。この事件に怒った住民たちは、武田氏に立ち向かうことを決意。武田氏の家臣を討ち取り、山ノ内町を解放しました。

山ノ内町を解放した住民たちは、武田氏への勝利を祝い、その喜びを形に残すために、シガ公を作りました。シガ公は、戦勝を祈願するために作られたもので、武田氏を討ち取った際に使用された矢を模したものです。

シガ公は、山ノ内町の守り神として、大切にされてきました。現在でも、山ノ内町の人々は、シガ公を家の軒先に飾り、家内安全や無病息災を祈願しています。

タイトルとURLをコピーしました