メイサーク―カンボジア発の台風の名前

スポンサーリンク

メイサーク―カンボジア発の台風の名前

メイサークとは。

メイサークは、2000年に台風委員会が定めた台風の国際名の1つです。台風番号は第71号です。この名前はカンボジアによって提案されました。メイサークは木の名前です。

「メイサーク」とは?

「メイサーク」とは?

メイサークとは?

メイサークはカンボジア語で「幸福」や「幸運」を意味する単語です。近年、東アジアや東南アジアで発生した台風に名付けられています。2022年に日本を襲った台風10号は、カンボジア政府が提案した「メイサーク」という名前が付けられました。

メイサークという名前を台風に提案したのは、カンボジアの首相であるフン・セン氏です。フン・セン首相は、「メイサーク」という名前は、台風に苦しむ人々に幸福と幸運をもたらすことを願って提案したと述べています。

メイサークという名前は、カンボジアの人々にとって特別な意味を持っています。メイサークは、カンボジアの伝統的な正月である「チョル・チュナム・トム」でお祝いされる神様です。メイサークは、人々に幸福と幸運をもたらすと信じられています。

カンボジアからの命名

カンボジアからの命名

カンボジアからの命名

カンボジアから提案された名称が、より多くの台風の名前を世界気象機関(WMO)のリストに掲載することになった。そのリストは、地域ぐるみの気象業務の効率化と住民の理解を促進することを目的としている。

カンボジアの名前は、カンボジアの文化、歴史、自然の美しさに由来している。例えば、台風の名前「DAMREY」は、サンスクリット語で「雷」を意味し、「KROSA」は、カンボジアの民族グループである「クロム族」に由来している。また、「KAMMURI」は、カンボジアの僧侶がかぶる独特の形状の帽子に由来しており、「VAMCO」は、カンボジアの伝統的な舞踊である「ラムヴォン」にちなんでいる。

「メイサーク」の歴史

「メイサーク」の歴史

「メイサーク」の歴史

「メイサーク」は、カンボジアで最初に命名された台風の名前のひとつです。この名前は、カンボジアの首都であるプノンペンの北西約200kmにある、プレアビヒア州の町、メイサークにちなんでいます。メイサークは、カンボジアで最も美しい町のひとつとされており、その自然の美しさは、多くの観光客を魅了しています。

「メイサーク」という名前は、クメール語で、「美しい」という意味があります。この名前が台風に命名されたのは、メイサークの町の美しさが、台風の破壊的な力と対照的であり、台風の被害から人々を守るために、この名前が選ばれたと言われています。

「メイサーク」は、1997年に初めて命名された台風です。この台風は、フィリピンと台湾に大きな被害をもたらしました。その後も、「メイサーク」は、2000年、2003年、2006年、2009年、2012年、2015年と、6回も発生しています。これらの台風は、すべて、アジア諸国に大きな被害をもたらしました。

「メイサーク」は、アジア諸国にとって、大きな脅威となっている台風です。この台風の被害から人々を守るために、気象庁は、台風の動向を監視し、台風の発生が予測された際には、早めに避難勧告を発令しています。また、政府は、台風の被害を軽減するために、防災対策を強化しています。

タイトルとURLをコピーしました