メントス、その歴史と魅力

スポンサーリンク

メントス、その歴史と魅力

メントスとは。

メントスとは、ミント風味のソフトキャンディで、1932年にオランダの菓子メーカー、ヴァン・メレ社が開発しました。140か国以上で販売されているロングセラー商品で、日本での販売は1978年からとなっています。

メントスの誕生

メントスの誕生

メントスの誕生

メントスの歴史は、1948年にオランダの小さな町であるブレダにある工場で働き始めたエド・ファン・デル・リンデン氏にまで遡ります。エドは、作業中にミントキャンディーが歯垢を落とすことに気づきました。彼は、その発見を同僚に共有し、ミントキャンディーを歯磨き粉として販売することを提案しました。

エドのアイデアは当初嘲笑されましたが、彼は諦めませんでした。彼は友人や家族から資金を集め、ミントキャンディーの製造工場を設立しました。1952年、彼はついに「メントス」というブランドでミントキャンディーを発売しました。

メントスはすぐに人気を博し、瞬く間にオランダで最も人気のあるミントキャンディーになりました。その後、メントスはヨーロッパや世界中に広がり、今や世界で最も人気のあるミントキャンディーの一つとなっています。

メントスの誕生は、エド・ファン・デル・リンデンの粘り強さと起業家精神の賜物です。彼のアイデアは当初は馬鹿げていると思われていましたが、彼は諦めずに信念を貫き通した結果、メントスは世界中で愛されるお菓子になりました。

タイトルとURLをコピーしました