カンビアーレのベースとなった4人乗りのミッドシップスポーツ「メラク」

スポンサーリンク

カンビアーレのベースとなった4人乗りのミッドシップスポーツ「メラク」

メラクとは。

メラクは、イタリアのマセラティ社が、1972年から1982年まで製造、販売していたスポーツカーです。2ドアのクーペであり、4人乗りで、後輪駆動を採用しています。工業デザイナーであるジウジアーロ氏がデザインを手がけました。

マセラティのスポーツカーの伝統を受け継ぐ「メラク」

マセラティのスポーツカーの伝統を受け継ぐ「メラク」

マセラティのスポーツカーの伝統を受け継ぐ「メラク」

メラクは、1972年から1980年にかけてマセラティが製造した4人乗りのミッドシップスポーツカーです。マセラティの伝統的なスポーツカーのスタイルを継承しつつ、より現代的なデザインと技術を採用しています。メラクは、マセラティの他のスポーツカーと同様に、レーシングカーの技術を多く取り入れた車です。エンジンは、マセラティの伝統的なV型8気筒エンジンを搭載しています。最高出力は300馬力以上で、最高速度は280km/h以上を誇ります。また、メラクは、マセラティの他のスポーツカーと同様に、ハンドリング性能にも優れています。メラクは、マセラティのスポーツカーの中で最も人気のある車の一つです。生産台数は約2,000台で、現在でも多くのコレクターに愛されています。

流麗なボディラインと洗練されたインテリア

流麗なボディラインと洗練されたインテリア

流麗なボディラインと洗練されたインテリア

メラクのボディは、アウトモビリ・ランボルギーニのチーフスタイリストであるマルチェロ・ガンディーニがデザインし、ピニンファリーナによって製造されました。そのデザインは、ミウラのデザインを踏襲しながらも、よりシャープでアグレッシブなものとなりました。低いノーズと長いリアデッキ、そして特徴的なポップアップヘッドライトは、メラクを唯一無二の存在にしています。

インテリアは、ミウラよりも高級感があり、洗練されたものとなりました。ダッシュボードにはレザーとウッドが使用され、センターコンソールにはエアコンやステレオが装備されました。シートは、快適性を重視したデザインで、長距離ドライブでも疲れにくい仕様となっています。

メラクは、その流麗なボディラインと洗練されたインテリアで、当時のスポーツカーファンを魅了しました。そのスタイリングは、現在でも色褪せることなく、多くの人々から愛され続けています。

スーパーカーブームの火付け役となった「メラク」

スーパーカーブームの火付け役となった「メラク」

イタリアの自動車メーカー、デ・トマソでは、1965年に2シーターのミッドシップスポーツカー「マンガラ」を生産開始しました。この車は、ランボルギーニ・ミウラと並び、世界初の市販ミッドシップスーパーカーとして知られています。その2年後、デ・トマソはより多くの人を乗せることができる4人乗りのミッドシップスポーツカー「メラク」を発表しました。メラクは、マンガラをベースに開発されたもので、エンジンの排気量を拡大し、ホイールベースを延長することで、2つの後部座席を確保しました。また、メラクは、マンガラよりも豪華な装備を搭載し、より快適な乗り心地を実現しました。

メラクは、そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能で、すぐに人気を集めました。また、1970年代に起こったスーパーカーブームの火付け役にもなりました。メラクは、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ・308GTBなど、他のスーパーカーと競合することになりましたが、その洗練されたスタイルと手頃な価格で人気を集めました。メラクは、1972年から1989年まで生産され、その間に1,803台が生産されました。

メラクは、スーパーカーの歴史において重要な車であり、そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能で、多くの人を魅了しました。メラクは、デ・トマソの代表的な車であり、同社の成功に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました