懐かしの駄菓子「メリーねりあめ」の歴史と魅力

スポンサーリンク

懐かしの駄菓子「メリーねりあめ」の歴史と魅力

メリーねりあめとは。

「メリーねりあめ」は、メリー鈴木製菓が作っているお菓子だ。袋に入った水飴を、一緒に入っている割り箸に付けてよく練って食べるのが特徴だ。

メリーねりあめの誕生と歴史

メリーねりあめの誕生と歴史

メリーねりあめの誕生と歴史

メリーねりあめは、1946年(昭和21年)に松永製菓株式会社(現在の株式会社カンロ)によって発売されました。当時の日本は、第二次世界大戦の終結後に復興が進められていた時代で、人々の生活はまだまだ困窮していました。そんな中、メリーねりあめは、庶民的なお菓子として人気を集め、子どもから大人まで多くの人に愛されるようになりました。

メリーねりあめは、小麦粉、砂糖、水飴、食塩、食用色素を原料として作られています。製造方法は、まず、小麦粉と砂糖を水で溶いて生地を作り、そこに水飴と食塩を加えて練り上げます。その後、生地を細長く伸ばして棒状にし、食用色素で着色して完成させます。

メリーねりあめは、その素朴な味わいとしなやかな食感で、子どもから大人まで幅広い層に親しまれています。また、バラエティに富んだフレーバーも魅力で、定番のイチゴ味をはじめ、メロン味、レモン味、オレンジ味など、さまざまな味を楽しむことができます。

メリーねりあめの魅力と特徴

メリーねりあめの魅力と特徴

-メリーねりあめの魅力と特徴-

メリーねりあめは、函館市にあるお菓子の会社「はこだてわいん」が製造販売しているロングセラー商品です。1966年に発売され、半世紀以上にわたって愛され続けています。

メリーねりあめの最大の魅力は、その優しい甘さと、独特の食感にあります。味は、ストロベリー、ぶどう、オレンジ、レモン、メロン、パイナップル、サイダー、ラムネ、ソーダの9種類。そのうち、特に人気が高いのは、イチゴ味です。そのほかの味にも、それぞれのファンがいます。

食感は、柔らかく、ねっとりとしていて、歯切れが良いのが特徴です。これは、砂糖と水飴をベースに、寒天、でんぷん、果汁などを加えて作られているからです。

また、メリーねりあめは、見た目も可愛らしいのも特徴です。1本1本が、個包装されており、パッケージには、キャラクターの絵が描かれています。このため、子供たちにも人気が高く、駄菓子屋やスーパーなどでよく見かけられます。

メリーねりあめは、その素朴な味、独特の食感、可愛らしい見た目から、多くの人々に愛され続けているお菓子です。これからも、長く愛され続けるロングセラー商品であり続けるでしょう。

メリーねりあめのおすすめの食べ方

メリーねりあめのおすすめの食べ方

-メリーねりあめの食べ方-

懐かしの駄菓子である「メリーねりあめ」は、甘くて滑らかな食感でおなじみです。そのまま食べるだけでなく、色々な食べ方で楽しむことができます。

-メリーねりあめの食べ方におすすめなのは、まずはそのまま食べることです。甘くて滑らかな食感を楽しむことができます。また、冷蔵庫で冷やして食べると、ひんやりとした口当たりが楽しめます。-

-パンやクラッカーに塗って食べると、甘さと食感がマッチして美味です。また、アイスクリームにトッピングしたり、ホットケーキと一緒に食べたりしても美味しく召し上がることができます。-

-さらに、メリーねりあめを電子レンジで温めると、溶けてキャラメルソースのような食感になります。これをパンケーキやワッフルにかけて食べると、まるで専門店のような味わいが楽しめます。-

-その他、メリーねりあめを細かく切ってクッキーの生地に加えると、クッキーの甘さと食感がアップします。また、メリーねりあめを小さく切って、タルトのフィリングに使っても美味しく召し上がれます。-

メリーねりあめは、そのまま食べても美味しいですが、色々な食べ方で楽しむことができます。ぜひ、自分好みの食べ方を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました