三菱GTO:スポーティな3ドアクーペ

スポンサーリンク

三菱GTO:スポーティな3ドアクーペ

GTOとは。

GTOは、三菱自動車工業が1990年から2001年まで販売していた3ドアクーペのスポーツカーのことです。

三菱GTOの特徴

三菱GTOの特徴

-三菱GTOの特徴-

三菱GTOは、1990年から2000年まで販売されたスポーティな3ドアクーペです。日本国内では、当初は「GTO」という名称で販売されていましたが、1994年以降は「3000GT」という名称に変更されました。

GTOの特徴として、まず挙げられるのが、そのスタイリッシュなデザインです。曲線と直線を巧みに組み合わせたボディラインは、見る者を魅了します。また、ガルウイングドアを採用したグレードもあり、そのインパクトは絶大でした。

GTOのもう一つの特徴は、そのパワフルなエンジンです。最高出力280馬力を発生する3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速はわずか5.2秒を誇りました。

また、GTOは、先進的な装備を多数搭載していました。電子制御サスペンションや4輪操舵システム、アクティブエアロダイナミクスシステムなどが採用されており、快適な乗り心地と優れたハンドリング性能を実現していました。

GTOは、そのスタイリッシュなデザイン、パワフルなエンジン、先進的な装備など、多くの魅力を備えたスポーツカーでした。現在でも、多くのファンに愛され続けています。

三菱GTOの歴史

三菱GTOの歴史

三菱GTOの歴史

三菱GTOは、1990年から2001年まで三菱自動車工業が生産・販売していた3ドアクーペである。GTOという車名は、イタリア語の「グランツーリスモ オモロガート」の略で、公道での使用を目的とした高性能スポーツカーを意味する。

GTOの開発は、1980年代初頭に始まった。三菱は、当時人気の高かった日産スカイラインGT-Rやトヨタスープラに対抗できるスポーツカーの開発を目指していた。GTOは、当時三菱が開発していた「スターリオン」をベースに開発された。

GTOは、1990年10月に発売された。発売当初は、2.0L V6ツインターボエンジンを搭載した「VR-4」のみの設定であった。VR-4は、最高出力280ps、最大トルク36.3kg・mを発生し、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は250km/hを誇った。

1991年10月には、2.0L V6自然吸気エンジンを搭載した「GTO」が追加された。GTOは、最高出力165ps、最大トルク19.4kg・mを発生し、0-100km/h加速は7.9秒、最高速度は210km/hであった。

1994年10月には、マイナーチェンジが行われた。外観は、フロントグリルやバンパーが変更され、よりスポーティなデザインとなった。また、エンジンも改良され、VR-4は最高出力286ps、最大トルク38.2kg・mを発生するようになった。

1996年10月には、再びマイナーチェンジが行われた。外観は、ヘッドライトやテールライトが変更され、よりシャープなデザインとなった。また、エンジンも改良され、VR-4は最高出力300ps、最大トルク40.8kg・mを発生するようになった。

2001年3月、GTOは生産終了となった。GTOは、合計14万台以上が生産された。

三菱GTOの評価

三菱GTOの評価

三菱GTOの評価

三菱GTOは、1990年から2001年まで三菱自動車工業が製造・販売した3ドアクーペ型のスポーツカーである。同社のフラッグシップモデルとして、高性能なエンジンと四輪駆動システムを採用し、スポーツカーとしての性能にこだわったモデルとなっている。

三菱GTOの評価は、一般的には高いものとなっている。その理由としては、まずそのスタイリッシュなデザインが挙げられる。流線型のフォルムと鋭いヘッドライトが特徴的で、見る者を圧倒する迫力を持つ。また、高性能なエンジンと四輪駆動システムにより、走行性能も十分に備えている。

三菱GTOの評価をさらに高めているのが、その希少性である。生産台数が少なく、日本国内ではわずか1万台程度しか販売されなかったため、中古車市場でも高値で取引されている。また、メンテナンスが難しい車種ということもあり、維持するにはそれなりの費用がかかる。

三菱GTOは、スポーツカーとしての魅力を十分に備えたモデルであり、その評価は高い。しかし、希少性が高く、維持には費用がかかるため、購入には慎重な検討が必要である。

タイトルとURLをコピーしました