三菱自動車の軽自動車「i」とは?

スポンサーリンク

三菱自動車の軽自動車「i」とは?

iとは。

iとは、三菱自動車工業が2006年から2015年まで販売していた5ドアハッチバックの軽自動車です。

5ドアハッチバックの軽自動車

5ドアハッチバックの軽自動車

三菱自動車の軽自動車「i」は、2006年に発売された5ドアハッチバックの軽自動車です。iは、三菱自動車の軽自動車の主力車種であり、発売以来、累計販売台数100万台以上を達成するなど、多くのユーザーから支持されています。iは、軽自動車とは思えないほど広々とした室内空間と、優れた燃費性能が特徴です。また、iは安全装備も充実しており、衝突安全性能を評価する「JNCAP」で最高評価のファイブスターを獲得しています。

iは、標準グレードの「i」と、スポーティな「i-MiEV」の2つのグレードが用意されています。iは、1Lの直列3気筒エンジンを搭載し、トランスミッションはCVTが組み合わされています。i-MiEVは、105kWのモーターを搭載する電気自動車です。i-MiEVは、1回の充電で最大160km走行することが可能です。

iは、その高い実用性と、優れた燃費性能から、多くのユーザーから支持されています。また、iは安全装備も充実しており、安心して乗ることができます。iは、軽自動車を選ぶ人に最適な車種です。

2006年から2015年まで製造された

2006年から2015年まで製造された

三菱自動車の軽自動車「i」とは?

2006年から2015年まで製造された

三菱自動車の軽自動車「i」は、2006年から2015年まで製造されていた軽自動車です。2006年の東京モーターショーに出品され、翌2007年3月に販売が開始されました。

「i」は、三菱自動車の軽自動車としては初の完全新開発モデルであり、三菱自動車の「i- kei(アイ・ケイ)」プロジェクトに基づいて開発されました。「i- kei」プロジェクトとは、軽自動車の新たな価値観を創造するプロジェクトであり、「i」はその第一弾モデルとして位置づけられていました。

「i」は、軽自動車でありながら、広い室内空間と充実した装備を備えていました。また、軽自動車としては初のアイサイトを搭載しており、安全性能も高く評価されました。

「i」は、2006年の発売以来、好調な販売を記録し、三菱自動車の軽自動車の主力車種となりました。しかし、2015年に後継車種の「eKワゴン」が発売されたため、生産を終了しました。

「i」は、三菱自動車の軽自動車として初めて完全新開発されたモデルであり、軽自動車の新たな価値観を創造するという「i- kei」プロジェクトの第一弾モデルとして位置づけられていました。広い室内空間と充実した装備、アイサイトの搭載など、軽自動車としては高いレベルの性能を備えており、好調な販売を記録しました。

三菱自動車の主力車種の一つ

三菱自動車の主力車種の一つ

三菱自動車の主力車種の一つ

三菱自動車の軽自動車「i」は、同社の主力車種の一つです。2006年に発売されて以来、累計販売台数100万台を突破するなど、人気の高い車種となっています。その人気の理由は、軽自動車でありながら広い室内空間と充実した装備を持つこと、燃費性能に優れていること、そして三菱自動車ならではの走りの楽しさなどが挙げられます。

「i」は、軽自動車の規格を最大限に活用した設計で、室内空間は広々としています。また、シートアレンジも豊富で、様々なシーンに合わせて使いやすくなっています。装備面でも充実しており、エアコンやパワーウインドウ、キーレスエントリーなどが標準装備されています。

燃費性能も「i」の魅力の一つです。JC08モード燃費は28.6km/Lと、軽自動車トップクラスの数値を誇っています。また、アイドリングストップ機能や減速エネルギー回生システムなどの採用により、実燃費でも20km/L以上を達成することが可能です。

走りの楽しさも「i」の魅力の一つです。三菱自動車独自の「INVECS-III」というトランスミッションを採用しており、滑らかな変速と力強い加速を実現しています。また、サスペンションのセッティングも優れており、軽快なハンドリングと安定した走行性能を両立しています。

「i」は、軽自動車でありながら、広い室内空間、充実した装備、燃費性能の良さ、走りの楽しさを兼ね備えた車です。それが人気の理由であり、三菱自動車の主力車種の一つとなっているのです。

タイトルとURLをコピーしました