銘菓「もしほ草」について

スポンサーリンク

銘菓「もしほ草」について

もしほ草とは。

「もしほ草」は、長崎県長崎市の岩永梅寿軒で作られているお菓子で、求肥と昆布を練り合わせたものです。

「もしほ草」とは?

「もしほ草」とは?

「もしほ草」とは、静岡県熱海市の銘菓です。1932年に創業した和菓子店「菊屋」が製造販売しています。

「もしほ草」は、熱海市の特産品である「もしほ草」を模した和菓子です。「もしほ草」とは、熱海市の海岸に自生する多年草で、別名「浜ぼうふう」とも呼ばれています。

「もしほ草」は、磯の香りがする爽やかな味わいが特徴です。菊屋では、この「もしほ草」の香りを再現するために、本物の「もしほ草」を乾燥させて原料として使用しています。

「もしほ草」は、緑色の羊羹を薄焼きの皮で包んだお菓子です。羊羹には、本物の「もしほ草」の粉末が混ぜてあり、磯の香りがほんのり香ります。外側の皮はパリパリとしていて、中はしっとりとした食感です。

「もしほ草」の歴史

「もしほ草」の歴史

「もしほ草」の歴史

「もしほ草」は、京都の老舗菓子店「末富」が製造・販売する銘菓です。その歴史は古く、江戸時代末期に初代店主の末富権左衛門が考案したとされています。当時、権左衛門は病弱で、医者から塩分を控えるように言われていました。そこで、塩分を控えても食べられるお菓子を作ろうと、米粉と砂糖を主原料とし、塩をほんの少し加えた「もしほ草」を開発しました。

「もしほ草」は、その素朴な味と口当たりの良さから、たちまち評判となり、京都の人々に愛されるお菓子となりました。明治時代には、京都を訪れた皇室の方々に献上され、そのおいしさを絶賛されました。その後も、「もしほ草」は京都を代表する銘菓として、多くの人々に親しまれ続けています。

「もしほ草」は、米粉と砂糖、塩を主原料としたシンプルな焼き菓子ですが、そのおいしさはひとしおです。米粉の素朴な風味が口の中に広がり、ほんのりとした塩味がアクセントになっています。また、焼き上げた表面には、砂糖がカリッとした食感を与えています。

「もしほ草」は、お茶請けや手土産など、様々なシーンで楽しむことができます。また、京都土産として購入される方も多く、京都を訪れた際には、ぜひ一度「もしほ草」を味わってみてください。

「もしほ草」の味と食感

「もしほ草」の味と食感

「もしほ草」の味と食感

「もしほ草」は、外はパリッとしていて、中はしっとりという食感です。餡は甘さ控えめで、北海道産の小麦粉を使用した皮の風味とよく合います。噛むたびに、餡の甘さと皮の香ばしさが口の中に広がり、幸福感に浸れます。

「もしほ草」は、お茶菓子としても手土産としても喜ばれています。その美味しさは、数多くのメディアで紹介され、多くの人々を魅了しています。

「もしほ草」を作っているのは、北海道札幌市にある「六花亭」という会社です。六花亭は、「北海道の自然と文化を伝えるお菓子を作りたい」という思いから、地元の素材を使用したお菓子作りに取り組んでいます。「もしほ草」は、北海道産の小麦粉、砂糖、あんこなどを使用し、丁寧に作られています。

「もしほ草」は、北海道の銘菓として親しまれているお菓子です。その美味しさは、多くの人の心を捉えています。北海道に来たら、ぜひ「もしほ草」を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました