モコの魅力と歴史を徹底解説!

スポンサーリンク

モコの魅力と歴史を徹底解説!

モコとは。

モコは、日産が2002年から2016年まで販売していた軽自動車です。スズキのMRワゴンをOEM供給を受けて、日産ブランドで発売されていました。5ドアの小型ワゴンで、ファミリーカーとして人気がありました。

日産モコの概要

日産モコの概要

-日産モコの概要-

日産モコは、日産自動車が製造・販売する軽自動車である。2011年11月に初代モデルが発売され、現在は2代目モデルが販売されている。モコは、女性をターゲットとした軽自動車であり、その可愛らしいデザインと使い勝手の良さで人気を集めている。

モコは、全長3395mm、全幅1475mm、全高1635mmと、軽自動車の中では比較的コンパクトなサイズとなっている。しかし、室内空間は広く、大人4人が快適に乗車することができる。また、荷室も広く、買い物やレジャー用品をたくさん積むことができる。

モコのエンジンは、直列3気筒DOHC12バルブの自然吸気エンジンを搭載している。最高出力は64馬力、最大トルクは10.2kgf・mを発生する。トランスミッションは、CVTと4速ATの2種類が用意されている。駆動方式は、FFと4WDが用意されている。

モコのグレード体系は、ベーシックグレードの「S」、エントリーグレードの「X」、上級グレードの「G」、最上級グレードの「RS」の4種類が用意されている。装備内容は、グレードによって異なるが、Sグレードでも、パワーウィンドウ、エアコン、両側スライドドアなどが標準装備されている。Xグレードからは、ナビゲーションシステム、バックモニターなどが追加され、Gグレードでは、本革シート、サンルーフなどが追加される。最上級グレードのRSグレードは、スポーツサスペンションや専用アルミホイールなどが装備されている。

モコの走行性能と燃費

モコの走行性能と燃費

モコの走行性能と燃費

モコは、街中での走行に特化した軽自動車です。ボディーがコンパクトで取り回しがよく、小回りも効きます。また、サスペンションがしっかりしているので、走行安定性も抜群です。燃費も良く、リッターあたり20km以上を記録することも可能です。

モコは、軽自動車の中では走行性能と燃費に優れた車種です。街中での走行に最適な車を探している人におすすめです。

走行性能

モコは、軽自動車の中では走行性能に優れた車種です。ボディーがコンパクトで取り回しがよく、小回りも効きます。また、サスペンションがしっかりしているので、走行安定性も抜群です。

モコのエンジンは、直列3気筒DOHC12バルブエンジンです。最高出力は64馬力、最大トルクは9.2kgf・mです。トランスミッションは、CVTです。駆動方式は、FFと4WDが用意されています。

モコの0-100km/h加速タイムは14.4秒です。最高速度は160km/hです。

燃費

モコの燃費は、リッターあたり20km以上です。JC08モード燃費は、FFモデルで20.6km/L、4WDモデルで19.6km/Lです。

モコの燃費は、軽自動車の中ではトップクラスです。街中での走行が多い人におすすめの車です。

モコの内装と荷室

モコの内装と荷室

-モコの内装と荷室-

モコの室内は、広くて快適です。前席は、座面の位置が高く、視界が広がっています。後席は、足元が広々としていて、3人がゆったりと座れます。荷室は、通常時は250Lですが、後席を倒すと最大で1,020Lまで広がります。また、荷室には、買い物袋などを吊り下げられるフックが装備されています。

モコの内装は、シンプルでスタイリッシュです。ダッシュボードは、ブラックを基調としていて、シルバーのアクセントが施されています。シートは、ファブリックシートとレザーシートの2種類が用意されています。ファブリックシートは、通気性が良く、夏場でも快適に座ることができます。レザーシートは、高級感があり、冬場でも暖かく座ることができます。

モコは、軽自動車でありながら、室内空間と荷室空間が広く、快適な乗り心地を実現しています。そのため、ファミリーユースやアウトドアレジャーなど、幅広い用途で使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました