門司港ビールの魅力とおすすめ銘柄

スポンサーリンク

門司港ビールの魅力とおすすめ銘柄

門司港ビールとは。

* 門司港ビールは門司港レトロビール株式会社が福岡県で製造している地ビールの銘柄です。ヴァイツェン、ペールエール、ピルスナーの種類があります。
* 門司港レトロビール株式会社が福岡県でつくる地ビールが門司港ビールで、ヴァイツェン、ペールエール、ピルスナータイプの3種類があります。

モジコビールとは

モジコビールとは

モジコビールとは、福岡県北九州市門司港生まれのクラフトビールです。原料はすべて九州産にこだわり、門司港の海風と太陽を浴びて育った麦芽と水を使用しています。モジコビールが製造されている門司港は、明治から昭和にかけて、九州と本州をつなぐ重要な港町として栄えました。その頃、門司港には多くの外国人居留者が住んでおり、彼らはビールを好んで飲んでいたと言われています。モジコビールは、門司港のそんな歴史と文化を背景に、2014年に誕生しました。モジコビールの特徴は、九州産の原料にこだわっていることと、門司港の海風と太陽を浴びて育った麦芽と水を使用していることです。その結果、モジコビールは、澄んだ金色と豊かな泡立ち、そしてフルーティーな香りとまろやかな味わいが特徴のビールに仕上がっています。

モジコビールの原料と製造法

モジコビールの原料と製造法

モジコビールの原料と製造法

モジコビールは、門司港の地で醸造されるクラフトビールです。その特徴は、地元産の原料を使用した伝統的な製法にあります。

モジコビールの原料となる大麦は、門司港周辺の農家によって栽培されています。この大麦は、ビールに適した品種を使用しており、その豊かな味わいが特徴です。

また、モジコビールには、門司港の地下水を使用しています。この地下水は、ミネラル分を多く含み、ビールの風味を際立たせます。

モジコビールの製造法は、伝統的なドイツ式を採用しています。この製法では、麦芽を仕込み水に溶かして糖化させ、その後酵母を加えて発酵させます。発酵後、ビールは数週間熟成させてから瓶詰めされます。

モジコビールは、その伝統的な製法によって、豊かな味わいを実現しています。門司港を訪れた際には、ぜひこの地ビールを味わってみてください。

モジコビールの魅力とおすすめ銘柄

モジコビールの魅力とおすすめ銘柄

-モジコビールの魅力とおすすめ銘柄-

モジコビールは、福岡県北九州市門司区にある地ビールメーカー「門司港ビール」が製造するクラフトビールです。その名の通り、明治20年代に九州初の西洋式ビール工場として創業した門司港ビールが、伝統と技術に加え、新たな醸造技術を取り入れて誕生した、門司港の再興を願う気持ちが込められたビールです。

門司港ビールのラインナップは、ピルスナー、ヴァイツェン、ブラウン、スタウトなど定番の銘柄から、季節限定商品や限定醸造商品まで幅広く取り揃えられています。中でも人気なのが、モジコビール ピルスナーです。チェコ産のピルスナーモルトとアメリカンホップを使用し、爽やかな苦味とキレのある味わいが特徴です。また、モジコビール ヴァイツェンは、バナナやクローブの香りとまろやかな飲み口が楽しめるヴァイツェンスタイルのビールです。

モジコビールは、九州産の素材にこだわったクラフトビールとして、県内だけでなく、全国的な人気を誇っています。門司港エリアにある直営レストランや、門司港駅構内の売店などで販売されています。また、オンラインショップでも購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました