岡山県の名物菓子 桃太郎伝説とは?

スポンサーリンク

岡山県の名物菓子 桃太郎伝説とは?

桃太郎伝説とは。

「桃太郎伝説」は、岡山県岡山市にある山脇山月堂という会社が作っているお菓子です。岡山県の名物お菓子である「きびだんご」を3つ串に刺したものです。

桃太郎伝説の歴史と由来

桃太郎伝説の歴史と由来

桃太郎伝説は、岡山県に伝わる代表的なお話のひとつです。桃太郎という少年が、イヌ、サル、キジと共に鬼ヶ島へ向かい、鬼を退治したというストーリーは、日本全国でお馴染みでしょう。

この伝説の発祥には諸説ありますが、有力な説のひとつは、岡山県総社市に関係するものです。 総社市には、桃太郎吉備津彦命(桃太郎のモデルとされる人物)を生んだとされる吉備津彦神社があります。また、総社市には、桃太郎伝説にちなんだスポットが数多くあり、観光客にも人気を集めています。

例えば、総社市にある桃太郎ランドは、桃太郎伝説にちなんだテーマパークです。園内では、桃太郎やその仲間たちが登場するアトラクションや、鬼ヶ島を模した鬼ヶ島城などがあり、子供から大人まで楽しめます。

さらに、総社市には、桃太郎の生まれ故郷とされる吉備津彦誕生地や、桃太郎が鬼ヶ島に向かったとされる笠井明神社などがあり、桃太郎伝説にゆかりのある場所を訪ねて巡るのもおすすめです。

桃太郎伝説の特徴とおいしさの秘密

桃太郎伝説の特徴とおいしさの秘密

桃太郎伝説の特徴とおいしさの秘密

桃太郎伝説は、岡山県の名物菓子であり、その名の通り、桃太郎伝説をモチーフとしている。桃太郎伝説は、鬼退治の物語で、岡山県吉備津彦神社には、桃太郎伝説発祥の地であることを示す石碑が建立されている。

桃太郎伝説の見た目は、桃の形をしたまんじゅうであり、外側はしっとりとした皮で、中はこし餡が入っている。皮には、米粉、砂糖、水飴、もち粉などが使われており、しっとりとした食感と甘さが特徴である。中のこし餡は、甘すぎず、あっさりとした味わいである。

桃太郎伝説のおいしさの秘密は、なんといっても皮のしっとりとした食感と、中のこし餡のあっさりとした味わいである。また、桃の形をしたかわいい見た目も、桃太郎伝説の人気の理由の一つである。

桃太郎伝説は、岡山県のお土産として人気があり、岡山県内のお土産店や物産展などでは、必ずと言っていいほど売られている。また、桃太郎伝説は、岡山県内の家庭でもよく食べられており、岡山県の人々のソウルフード的なお菓子である。

桃太郎伝説はどこで購入できる?

桃太郎伝説はどこで購入できる?

桃太郎伝説は、岡山県笠岡市に本社を置く株式会社永楽堂が製造・販売している銘菓です。昭和30年に発売され、以来、岡山県民に愛されてきました。桃太郎伝説は、桃太郎が鬼退治に出かける物語を、お菓子で表現しています。鬼の顔をかたどった最中に、小豆・大福・求肥を包み、桃太郎の桃をイメージした色の包装紙で包んでいます。

桃太郎伝説は、岡山県内のスーパーやコンビニエンスストア、土産物店などで購入することができます。また、永楽堂のオンラインショップでも購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました