ムーヴコンテ:ダイハツが販売していた人気軽自動車

スポンサーリンク

ムーヴコンテ:ダイハツが販売していた人気軽自動車

ムーヴコンテとは。

ダイハツ工業が2008年から2017年まで生産、販売していた軽自動車がムーヴコンテです。5ドアのコンパクトなワゴン車であり、ムーブをベースに、直線と平面を基調としたデザインが特徴的な派生車種です。

ムーヴコンテの歴史と概要

ムーヴコンテの歴史と概要

ムーヴコンテの歴史と概要

ムーヴコンテは、ダイハツ工業が2002年から2016年まで販売していた軽自動車である。軽自動車規格でありながら広い室内空間と優れた走行性能を両立したモデルとして、多くのユーザーから支持を集めた。

ムーヴコンテの初代モデルは、2002年に登場した。初代モデルは、軽自動車規格ギリギリのボディサイズながら、広い室内空間と優れた走行性能を両立したモデルとして好評を博した。2006年には、初代モデルをベースに改良を加えた2代目モデルが登場した。2代目モデルは、初代モデルよりも室内空間を拡大し、安全性能を向上させたモデルである。2010年には、2代目モデルをベースに大幅な改良を加えた3代目モデルが登場した。3代目モデルは、初代モデルよりもスタイリッシュなデザインを採用し、燃費性能を向上させたモデルである。

ムーヴコンテは、2016年に生産終了となった。ムーヴコンテの生産終了により、ダイハツ工業の軽自動車ラインアップから、ムーヴコンテのコンセプトを継承したモデルは消滅した。しかし、ムーヴコンテは、軽自動車規格でありながら広い室内空間と優れた走行性能を両立したモデルとして、多くのユーザーから愛されたモデルである。

ムーヴコンテの特徴と人気の理由

ムーヴコンテの特徴と人気の理由

ムーヴコンテの特徴と人気の理由

ムーヴコンテは、ダイハツ工業が2006年から2018年まで販売していた軽自動車である。ムーヴコンテは、トールワゴン型の軽自動車で、広い室内空間と高いルーフが特徴であった。また、ムーヴコンテは、軽自動車でありながら、充実した装備が備えられていたことも人気の理由のひとつであった。

ムーヴコンテの人気の理由のひとつは、その広い室内空間であった。ムーヴコンテは、軽自動車でありながら、室内長2,085mm、室内幅1,430mm、室内高1,355mmを確保しており、大人4人が快適に乗車することができた。また、ムーヴコンテは、トールワゴン型の軽自動車であったため、ルーフが非常に高く、開放感のある室内空間を実現していた。

ムーヴコンテの人気の理由のもうひとつは、充実した装備であった。ムーヴコンテは、軽自動車でありながら、オートエアコン、パワーウインドウ、集中ドアロック、キーレスエントリーなどの装備が標準装備されていた。また、ムーヴコンテには、スマートアシストという運転支援システムも搭載されており、安全性の高さも人気の理由のひとつであった。

ムーヴコンテは、広い室内空間、充実した装備、安全性の高さなど、多くの魅力を持った軽自動車であった。そのため、ムーヴコンテは、発売以来、多くのユーザーから支持され、販売台数を伸ばし続けた。しかし、2018年に、ムーヴコンテは生産終了となった。ムーヴコンテの生産終了は、多くのユーザーから惜しまれた。

ムーヴコンテの中古車相場と注意点

ムーヴコンテの中古車相場と注意点

ムーヴコンテは、ダイハツが2008年から2016年まで販売していた軽自動車です。ムーヴをベースに開発されたモデルで、5人乗りのコンパクトなボディと、優れた燃費性能が特徴でした。ムーヴコンテの中古車相場は、年式や走行距離、グレードによって異なりますが、おおむね50万円~150万円程度です。購入の際には、走行距離や車検の有効期限、内外装の状態などをよく確認しましょう。また、ムーヴコンテは、ハロゲンヘッドライトやキーレスエントリーなど、充実した装備を備えていますが、安全装備については、年式によって差があります。最近のモデルでは、衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報などの先進安全技術が搭載されていますが、古いモデルでは、これらの機能が搭載されていないものもあります。購入の際には、安全装備についてもよく確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました