NSR125Fとの出会い

スポンサーリンク

NSR125Fとの出会い

NSR125Fとは。

NSR125Fとは、ホンダが1989年から造って売ったオートバイのことです。排気量は124ccで、エンジンは水冷2ストローク単気筒です。イタリアで製造されてヨーロッパで売られていたロードスポーツ車ですが、日本でも数量限定で販売されました。

イタリア生産のロードスポーツモデル

イタリア生産のロードスポーツモデル

イタリア生産のロードスポーツモデル

NSR125Fは、1988年にホンダが発売したロードスポーツモデルです。イタリアのホンダの子会社であるホンダイタリアが製造し、日本国内では限定販売されました。

NSR125Fは、当時流行していたレーサーレプリカスタイルを採用しており、角張ったフォルムやカウルの中にヘッドライトを埋め込んだデザインが特徴です。エンジンは、水冷2ストローク単気筒125ccを搭載し、最高出力は15馬力でした。

NSR125Fは、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りが人気を博し、1990年代前半には、日本の公道でも多く見かけるようになりました。しかし、1990年代後半になると、4ストロークエンジンのバイクが主流となり、NSR125Fは生産終了となりました。

現在では、NSR125Fは希少価値の高いバイクとなっており、中古市場でも高値で取引されています。そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りは、今でも多くのライダーを魅了しています。

水冷2ストローク単気筒エンジン

水冷2ストローク単気筒エンジン

水冷2ストローク単気筒エンジン

NSR125Fの水冷2ストローク単気筒エンジンは、その時代を代表する名機として知られています。最高出力は15PS、最大トルクは1.1kgmを発生しており、軽量な車体を軽々と加速させることができました。また、2ストロークエンジンの特徴である甲高いエキゾーストノートは、多くのライダーを魅了しました。

水冷2ストローク単気筒エンジンのメリットは、その軽量さとコンパクトさです。このエンジンは、シリンダーとヘッドが一体型となっているため、従来の4ストロークエンジンよりもはるかに軽量でコンパクトです。そのため、NSR125Fは乾燥重量わずか110kgという軽量を実現することができました。

また、2ストロークエンジンの特徴である甲高いエキゾーストノートも、多くのライダーを魅了しました。このエキゾーストノートは、まるでレーシングマシンを彷彿とさせるようなサウンドであり、NSR125Fの走りをさらに刺激的に演出していました。

しかし、水冷2ストローク単気筒エンジンは、その性能と引き換えに燃費と環境性能が犠牲になっていました。燃費はリッターあたりわずか20km程度であり、環境性能も現代の基準では全くと言っていいほどクリアできませんでした。そのため、NSR125Fは2002年に生産終了となり、現在は中古車市場でしか入手することができません。

しかし、NSR125Fの水冷2ストローク単気筒エンジンは、その時代を代表する名機として、今もなお多くのライダーから愛され続けています。

限定販売された日本での販売

限定販売された日本での販売

限定販売された日本での販売

NSR125Fは、当初、日本国内での販売は予定されていませんでした。しかし、1987年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで、NSR250が優勝したことを機に、日本国内での販売が決定されました。

NSR125Fの日本国内販売台数は、わずか1,000台限定でした。その希少性から、発売前から大きな話題となり、すぐに完売してしまいました。

NSR125Fは、その軽快な走りや、レーサーレプリカのデザインで、多くのライダーの心を魅了しました。現在でも、中古市場で高値で取引される人気車種となっています。

NSR125Fの日本国内販売は、限定販売でしたが、その後の日本におけるスポーツバイク市場の発展に大きな影響を与えました。NSR125Fは、多くのライダーにスポーツバイクの楽しさを知ってもらうきっかけとなった一台であり、日本におけるスポーツバイク文化の礎を築いた一台でもあります。

タイトルとURLをコピーしました