古代ヘブライ語聖書の謎に迫る「アレッポ写本」

スポンサーリンク

古代ヘブライ語聖書の謎に迫る「アレッポ写本」

アレッポ写本とは。

アレッポ写本とは、「Aleppo Codex」と呼ばれる、930年頃にパレスティナのティベリアで作成されたと思われるヘブライ語聖書の写本です。残念ながら、約4分の1が失われてしまっています。それでも、現存する最古のヘブライ語旧約聖書として、ユネスコの世界記憶遺産に登録されています。

アレッポ写本とはどういうものか

アレッポ写本とはどういうものか

アレッポ写本とは、10世紀にティベリアスで書かれたヘブライ語聖書の写本である。写本は羊皮紙に書かれ、24冊の巻物に分けられている。現在、写本は、イスラエル国立図書館に保管されている。

アレッポ写本は、現存する最古のヘブライ語聖書の写本の一つである。写本は、聖書研究者にとって重要な資料となっており、聖書の原本のテキストを研究するために使用されている。写本には、聖書の本文以外にも、さまざまな注釈や解説が書かれている。

アレッポ写本の歴史と現存状況

アレッポ写本の歴史と現存状況

アレッポ写本の歴史と現存状況

アレッポ写本は、10世紀に作成された古代ヘブライ語聖書の写本です。この写本には、聖書に登場するすべての書物が含まれており、そのテキストは非常に正確で信頼性が高いとされています。アレッポ写本は、19世紀にシリアのアレッポで発見され、その後、ユダヤ人の聖職者によってエルサレムに移されました。

1947年の第一次中東戦争の際に、アレッポ写本はエルサレムのシナゴーグに保管されていましたが、戦争中に建物の崩壊によって損傷を受けてしまいました。損傷を受けたアレッポ写本は、イスラエル政府によって修復され、現在はエルサレムのイスラエル国立図書館に保管されています。

アレッポ写本は、古代ヘブライ語聖書研究において非常に重要な資料であり、多くの研究者がこの写本を参考にして研究を行っています。アレッポ写本は、古代ヘブライ語聖書のテキストがどのように伝わってきたかを示す貴重な資料であり、古代ヘブライ語聖書の理解に欠かせないものとなっています。

アレッポ写本が世界記憶遺産に認定された理由

アレッポ写本が世界記憶遺産に認定された理由

アレッポ写本が世界記憶遺産に認定された理由は、その希少性と歴史的価値の高さにあります。アレッポ写本は、10世紀に制作されたヘブライ語聖書の写本であり、現存する最古の完全な聖書写本の一つです。この写本は、聖書の本文を忠実に写し取っているだけでなく、美しく装飾されており、当時の写本制作技術の高さを示しています。

アレッポ写本は、長い間、シリアの都市アレッポにあるシナゴーグに保管されていましたが、1947年のアレッポ暴動の際に焼失したと考えられていました。しかし、1982年にイスラエルの図書館で再発見され、現在はエルサレムのイスラエル博物館に所蔵されています。

アレッポ写本は、その希少性と歴史的価値の高さから、2010年にユネスコの世界記憶遺産に認定されました。世界記憶遺産は、人類の記憶にとって重要な意味を持つドキュメントや記録を保護することを目的としたユネスコのプログラムです。アレッポ写本の認定は、この写本の価値が世界的に認められたことを意味しており、その保存と研究がさらに進むことが期待されています。

タイトルとURLをコピーしました